<2023司法試験受験の皆様>王道基礎講座リベンジ割~リベンジに効く3つのポイント~

 

令和5年度司法試験が希望の結果にならなかった皆さま

 

まずは本当に試験お疲れ様でした。

本気で挑んだ試験が思うような結果にならなかった時の悔しさは、受験された方のみ分かるものかと思います。
一方で令和5年度司法試験は受験資格が拡大することも影響もあり、司法試験受験者数は、令和4年【3,367人】に対して【4,165人】と798人増えました。これは12年ぶりに前年を上回ったとのことです。つまり、例年よりも競争率が高かったということになります。

まず、そのような変化ある中、司法試験受験することができたご自身を褒めてあげてください。
そして、その後は自分がまず何が足りなかったのか振り返ることが次に繋がる大事なこととなってきます。

まず今の自分のステージを確認しましょう

下記をご覧いただき、いまの自分がどのステージにいるか確認してみてください。

 


多くの受験生の方は、「ステージ➁条文・判例の趣旨の知識」ができていないのではないかと思います。
ここができていないと、短答式試験はもちろん論文式試験もできません。
基本的な知識を理解しているかがすべてのため、もう一度基礎から見直しをする必要があります。

そこで!改めて基礎から見直しが必要な皆さまへ

王道基礎講座は、令和6年司法試験受験を決意された方を応援します!
期間限定キャンペーンとして、
リベンジ割を用意いたしました!

 

リベンジ割/今日からスタートキャンペーン

【第4期】吉野勲『王道基礎講座』オンラインクラス

 

しかも今だけ【第4期】王道基礎講座を購入いただくと【第5期】王道講座がついてきます!

⇊⇊ 【第5期】の内容はここをクリック ⇊⇊

 

矢印ここからご購入
矢印

リベンジになぜBEXAの王道基礎講座なのか

BEXAの王道基礎講座は、「基礎知識」はもちろん予備試験・司法試験まで使える思考プロセス論文力を高めることができる講義です。
1回の講義が30~40分程度になっているので、リベンジ合格を目指している方は、ご自身にとって必要な科目や分野だけをセレクトしながら効率的に受講することが可能です。過去問や答練を解くことができるため、論文力を高めることができます。
また、思考プロセスが身に付けば、短答試験の肢の処理にも役立ちます。

 

さらに、王道基礎講座がリベンジに効く
3つのポイント

 

法律×思考方法の体系化している講座
単なる法律知識でだけはなく「思考方法」を学ぶことで論文の根底がわかる
論文対策の落とし穴をカバーしている講座
リベンジ合格者の失敗体験からブレない土台作り
短期合格者も使っているアジャイル型講座 
 インプットとアウトプットを分断しない回転学習で取り組めるアジャイル型講座

王道基礎講座は、吉野勲先生が1,800人以上の指導経験から受験生や合格者の「論文対策の悩み・体験・生の声」を取り入れた講座です。受験生の声を直接聞き取り、解決してきた吉野先生が、インプットテキスト制作から講義の収録まで一貫して行ったため、受験生の生の声が大きく反映されている講座になっています。

①法律×思考方法の体系化している講座

○予備試験論文1位合格者を輩出したポイント:インプット段階から「思考方法」を解説
論文試験では、知識を単に書き連ねるだけでは点数は入りづらく、法的な思考方法を答案で表現しなければなりません。
実は法的な思考方法は、入門・基礎段階、インプット段階から意識的に訓練することが可能です。むしろ法律知識を知ることと法的な思考方法を訓練することは同時に学習することが効率的であるといえます。
司法試験道場は、インプット講座の段階から法律知識だけではなく、法的な思考方法を訓練することを意識して解説しています。
法的な思考方法をインプット段階から訓練すれば、"どのように考えるべきか"、"何を手掛かりに食らいつくのか"の相場観を養うことが可能です。

 

○各科目を同じように学ぶのではなく、その特性を生かした講義構成
王道基礎講座のインプット講座は、試験としての科目特性に注目しています。
科目ごとの出題傾向や受験生が現実につまづくポイントをテキストの一部に取り入れつつ、講義でも意識的に重点が置かれて解説しています。

②論文対策の落とし穴をカバーしている講座

従来の学習カリキュラムは、インプット講座がすべて終わってから問題演習をしていました。しかし、受動的に受けるだけのインプット講座から、能動的な問題演習をすることは非常にハードルが高くありませんか?
有名大学のロースクール生ですら、問題演習の壁にぶち当たり、つまづいてしまう人もいます。

・論点に気づけない:論点の発見の仕方がわからない
・書き方がわからない:答案の型がわからない
・答案全体の構成ができない:論文答案の完成系を知らない。イメージが湧かない
・インプットされた知識を引き出すことができない

このような壁に直面してしまうのです。

○本格的な問題演習の前にワンクッション置きましょう
王道基礎講座は、問題演習の一歩手前にワンクッション置く短文事例問題講座を用意しています。このワンクッションは、論文試験に失敗してしまったリベンジ合格者も実践していた勉強法です。
簡単な基礎問題を多く繰り返せば
・法律の問われ方がわかる
・答案例を何度も読むから書き方が分かる
・1問当たりの分量が少ないから答案全体を俯瞰することができる
・短い問題で発信を繰り返せるから、能動的な発信力が身に付く

など、答案を書くための土台作りを効率的に行うことができます。

③短期合格者も使っているアジャイル型講座 

短期合格者の多くは、学習初期段階から論文を意識した学習をしています。
常に書き方や答え方を意識し、インプットとアウトプットを同時に高速でサイクルさせる学習が短期合格者の学習方法の典型例と言えるでしょう。
BEXAではこのような高速回転学習を"アジャイル学習"として推奨しています。

○インプット講座・問題演習ともにアジャイル学習を意識して構成
多くのインプット講座は、法律知識を伝えることを念頭に置いているため、答案を意識して学習をするにしてもテキストの文章を答案用に書き換えなければなりません。
また、問題演習も1問1問の分量が重いため、インプットしながら演習を進めることはかなり労力を要するものになってしまいます。
王道基礎講座の大きな特徴は、テキストの表現を可能な限り答案に近づけるよう吉野先生が作成されています。テキストのフレーズや言い回しをそのまま答案で利用できるように工夫しているため、インプットしながら、答案で使えるフレーズを覚えることが可能です。
また、問題演習として短文事例問題講座も法律基本7科目を用意し、すべて答案例が附属しています。そのため、1問1問を短時間でこなすことが可能になっています。

 

王道基礎講座はインプット講座と問題演習の距離を縮めることで、短期合格者が実践していたアジャイル学習を行うことができるように構成されています

<2024年司法試験合格を目指すあなたへ>リベンジ割キャンペーン実施!


王道基礎講座は、司法試験合格に向かって頑張るあなたを心から応援いたします!

  最大35%OFF!
  ぜひこの機会に王道基礎講座で『法的思考力』を訓練しましょう!

リベンジ割/今日からスタートキャンペーン

【第4期】吉野勲『王道基礎講座』オンラインクラス

 

通常価格 11月9日~30日 12月1日~12月9日
¥380,000 247,000円 ¥258,000

 

⇊⇊ ここからご購入 ⇊⇊