判例百選出題ランキング講義

4時間で判例知識の過去問を網羅

  • Google+でシェア
    0

オンラインクラスの概要

講義回数

4

講義時間

約4時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 公法系 - 憲法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 弱点補強
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 過去問対策
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 判例対策
動画講義 PDFレジュメ

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

「最も効率的な手法は過去問」

旧司法試験の短答式試験に2回連続で不合格。
雨の中の不合格発表は今でも忘れません。
資格試験でも、入試でも、最も効率的な勉強法は過去問をマスターすることです。

私は、この基本的な法則は知っていたものの、実際には予備校の問題集ばかり解いていました。
そのため、(新)司法試験に向けては、予備校の問題をやる前に、新司法試験と旧司法試験の過去問を解くようにしていました。
 

「司法試験の"ある法則"」


ある日、過去問を解いていると、1つのことに気付きました。
司法試験に出題される知識のパターンには、"ある法則"があるのです。

つまり、出題される知識には、ある種のパターンがあって、毎年毎年、同じような知識ばかり問われているのです。
 

「判例知識の9割以上が判例百選」

法則はそれだけではありません。
なんと、
判例知識の9割以上が判例百選から出題されているのです。
つまり、
判例百選に掲載されている判例に絞って各判例の出題パターンを分析すること
それこそが、超効率的な判例肢対策になるのです。
 

「ある受講生の声」

とはいえ、このような対策は、多くの受験生がやっているだろうから、講義にするほどのものではないのではないか?
私はそう考えていました。
そんな講義をあえてやっても、ニーズがなければ意味がありません。

しかし、そんな私の背中を押したのが、ある受講生からの「生の声」だったのです。

こうして私は、日々時間に追われている受講生のためには、判例百選の出題ランキングの統計をとって、出題パターンを分析した講義を実現させようと考えたのです。
 

「たったの4時間で判例知識の過去問をすべて網羅」

こうして誕生したのが、判例百選出題ランキング講義です。
講義のボリュームはたったの4時間。


扱う問題は(新)司法試験と予備試験の過去問のうち
判例知識を問う過去問をほぼすべて網羅!
しかも、
出題されていない判例は旧司法試験の過去問よりチョイス!

判例百選出題ランキング講義ならば、
出題された過去問のうち、判例知識についてはバッチリおさえることができます。

あとは、条文知識問題や学説問題のために、
条文を素読して、学説の論理的帰結を確認するだけです。
 

「判例百選出題ランキングを発表!」

実は、私は判例百選に掲載された各判決につき、
これまでの司法試験の出題分析をしたエクセルシートを持っていました。

これまで、このエクセルシートを元に
ブログで判例百選出題ランキングを作成しブログ上で発表していました。
http://ameblo.jp/lawschool-life/entry-11932553454.html

しかし、このエクセルシートで問われた知識については、
未だに公開したことがありません。

この講義では、遂に、
門外不出の判例百選出題ランキングを発表します!


 

「うれしい音声ダウンロードつき」

司法試験受験生には、とにかく時間がありません。
1分、1秒もムダする時間などないのです。

これまでのストリーミング講義は、いつでもどこでも見られる反面、
インターネット回線がなければ見ることができませんでした。

そんな受験生のために、判例百選出題ランキング講義では、
特別に音声ダウンロードを可能にしました!


歩きながら、
自転車をこぎながら、
電車に乗りながら、


いつでもどこでも、
試験当日の待ち時間でさえも、
電波を気にすることなく、カンタンに聞くことができるのです。
 

「充実の講義レジュメ」

さらに、講義レジュメで(約60ページ)は、単に知識を羅列するだけではなく、
判例ごとに出題された知識をまとめています!

しかも、横断的な理解が必要な部分には、
図表により判決内容を整理するなど、試験に役立つようにまとめました。

たとえば、広島国労地本事件は、次のようにまとめています。


 

「わずか3日間で1000人以上が受講した超効率的な講義!!」

司法試験・予備試験の過去問を出題パターンに応じて整理
各判例を比較した図表もあり
しかも音声ダウンロードつき

エクセルシートは手控えにすぎませんから、
この講義のためだけに、
改めて司法試験と予備試験の過去問すべて(のべ260問)に目を通しています。


こうして平成27年度の司法試験直前に公開した本講義ですが

わずか3日で1000人以上の受講者を集めました。


直前期受験生を応援するため、期間限定での本企画でしたが、
当時受けられなかった受験生からの要望に応え
このたびアンコール販売することを決定しました。


あなたと講義でお会いできることを
心より楽しみにしております。

 

カリキュラム

  • オンラインクラス プランのカリキュラム

    講義時間: 約4時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    伊藤たける「判例百選出題ランキング講義」

    第1回
    第2回
    第3回
    第4回
    第1回(音声のみ)
    第2回(音声のみ)
    第3回(音声のみ)
    第4回(音声のみ)

この講座を買った人はこの講座も買いました

絶対合格・成功のためのお盆の叫び
スクール東京
¥2,100
ハイスコアラーの無意識での考え方
梅原洋陽
¥14,800

講師紹介

弁護士(富山県弁護士会)・関西大学法科大学院非常勤講師、慶大院修了・法務博士(専門職)。
季刊刑事弁護第14回新人賞・最優秀賞
1986年10月2日生まれ。
NHK教育テレビ「真剣10代しゃべり場」への出演をきっかけに憲法と出会う。
司法試験合格後は、弁護士業務のほか、インターネットを中心に法学教育を行い、東洋経済オンラインにインタビューが掲載されるなど、活動の場を広げている。
詳しく見る