司法試験・予備試験 対策するならBEXA

知的財産法速習入門講義

知財法の知識を一元化


体験動画・資料

ガイダンス 1
https://www.videog.jp/player/gC-KwdaiJMVD">
ガイダンス
特許法/本編のあらすじ 1
https://www.videog.jp/player/crI5IIB3TScc">
特許法/本編のあらすじ
著作権法/本編あらすじ 1
https://www.videog.jp/player/BKFGOw6OPN8H">
著作権法/本編あらすじ

愛川拓巳『知的財産法速習入門講義』の概要

講義回数

全23回

講義時間

9時間程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 知的財産法
動画講義 PDFテキスト

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

知的財産法の近年の傾向に沿った基本書をベースに
知的財産法を効率的に突破!

・知的財産法の学習の一元化ができる!
判例だけじゃなく条文の整理もできる!
約9時間で知的財産法の基礎知識を把握できる!

 本講座は、愛川拓巳先生による知的財産法の入門かつ基本講義です。
 販売を終了した愛川拓巳先生の『知的財産法過去問講義』をご購入の方は、本講義の割引クーポンを発行しております。『知的財産法過去問講義』の受講ページの「この講座について」をご確認ください(2020年10月31日まで)。

こんな方におすすめ

・知的財産法の知識を短時間で確認したい
・労働法や倒産法など学習時間が確保ができないから知的財産法を選択したい
・経済法や国際私法は予備合格者が多くて点数を取りづらいから知的財産法を選びたい
・短時間で選択科目の知識をカバーしたい

知的財産法のおすすめ書籍

BEXAでは、小泉直樹先生の『特許法・著作権法 第2版』をおすすめいたします。

①網羅性が高い

同書は、司法試験の選択科目知的財産法の知識を広くカバーする網羅性の高い書籍です。

②答案に利用しやすい

同書は、司法試験の答案でも使える表現がコンパクトに使われており、そのままご自身の答案で利用することできる書籍です。

③明らかに薄い

同書は1冊で知的財産法の科目である特許権法と著作権法をカバーするにもかかわらず、229ページと比較的少ないページでまとめています。
試験合格に必要最低限の知識のみを詰め込んでおり、他の科目に時間を割きたい受験生には最適な知的財産法対策本です。

④判例が整理されている

知的財産法は条文だけでなく、百選が重視される科目です。
同書は判例があらかじめ整理されている形でまとめられていますので、判例百選で都度確認する労力を少なくすることができます。

入門だけど基本レベルの知識までカバーする講座

本講座は、『特許法・著作権法 第2版』をベースに愛川先生がオリジナルのスライドを用いて、約9時間で知的財産法の入門から試験合格に必要な知識までカバーする講座です。
基本書とオリジナルのスライドを通じて、愛川先生の知的財産法に対する知識や理解をそのままお手元にトレースするコンセプトの講座です。

講義動画は、愛川先生作成のオリジナルスライドを表示しながら、お手元にご用意いただき、講義を受講していただく形式になります。

マーキングやメモでオリジナルのまとめツールを作る

本講座は各回で愛川先生が、指定書籍の重要部分や暗記しなければならない部分にマーキングを指示します。また、書籍の空いたスペースへの書き込みも併せて指示をします。
これにより、受講が終われば自動的に同書籍がオリジナルのまとめツール完成されます。
1から自分でまとめノートを作る必要がなくなりますし、漏れることもありません。

基本書を通して理解を深める

特許法・著作権法 第2版』は上記の通り、必要な知識は詰まっています。これに愛川先生が行間を埋める解説を行いますので、1人で読んでいて理解が追い付かない部分や難解な部分も理解を確実に深めることが可能です。

条文も同時に理解できる

本講座内では、適宜条文の指摘も行います。
書籍を利用するとどうしても本の文章に目が行きがちですが、試験本番でより重要なのは条文です。
知的財産法でも条文は外せませんので、講義内で扱った条文をしっかりと参照することで、重要な条文が一目で理解できるようになります。

愛川先生の思考をそのままトレースできる

本講座の最大の特徴は、『特許法・著作権法 第2版』とオリジナルスライドを通じて愛川先生の知識や思考をまとめ、かつ、それらをお手元にトレース(敷き写す)ことにあります。
本講座を繰り返し受講することで、同書の内容をしっかりと理解しつつ、知的財産法の合格レベルの知識も理解することが可能になります。

受講形式/配信状況

受講形式

インターネット環境下でのストリーミング配信になります。
特許法・著作権法 第2版』は別途ご購入ください。
テキストはパワーポイントのスライドでPDFダウンロードいただけます。テキスト製本・配送は行いません。

配信状況

第1講~第11講 特許法 配信中
第12講~第23講 著作権法 配信中

カリキュラム

  • 愛川拓巳『知的財産法速習入門講義』 プランのカリキュラム

    講義時間: 9時間程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    愛川拓巳『知的財産法速習入門講義』

    ガイダンス/第1講
    第2講 特許法 本編のあらすじ
    第3講 特許の要件
    第4講 特許権を受ける権利
    第5講 発明者・職務発明
    第6講 出願・審査
    第7講 審判・異議・審決取消訴訟
    第8講 特許権の効力
    第9講 特許権の侵害等
    第10講 侵害に対する救済
    第11講 特許権の経済的利用
    第12講 著作権法 本編のあらすじ
    第13講 著作物の定義
    第14講 著作物の例示
    第15講 二次的著作物
    第16講 編集著作物・データベースの著作物
    第17講 著作者
    第18講 著作者人格権
    第19講 著作権者
    第20回 著作権の制限
    第21講 権利の取引
    第22講 著作権の保護期間
    第23講 権利侵害

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介

京都大学医学部医学科卒、関西大学法科大学院修了
2017年司法試験合格(知的財産法)
・総合17位/論文16位/公法系1位/全科目A(短答式含む上位4%以内)
・「合格者の常識×受験生の非常識」このギャップを埋めるために豊富な受験ノウハウの言語化を徹底的に追及しています。授業の多くは本試験過去問をベースにしており皆さんが目標とすべき教材を最大限有効活用できるため工夫しています。
 ブログ「テクニカルに司法試験を突破するブログ」管理人
 Twitterアカウント @TA_legal32
・全方位型の受験指導で皆さんの合格を応援します。
詳しく見る