伊藤たけるの『基本講義憲法Ⅰ』

学部生・未修コースに! 基礎知識の総復習にも最適!

  • Google+でシェア
    0

体験動画・資料

ガイダンス 1
https://www.videog.jp/player/4nesM0S83a1w">
ガイダンス

基本講義憲法Ⅰ(基本的人権)のみの概要

講義回数

16

講義時間

約14時間25分

配信状況

一部配信中

全講義配信予定日

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 公法系 - 憲法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義
動画講義 市販テキスト利用 PDFレジュメ

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

大人気の『基本憲法Ⅰ』が遂に講義に!

 ✔ 発売1週間で増刷が決定!
 ✔ Amazonランキング1位(憲法カテゴリ)獲得!
 ✔ Twitterでも多数の絶賛!

2017年2月に発売した木下智史=伊藤建『基本憲法Ⅰ―基本的人権』(日本評論社)は、上記のように、専門書としては異例な出来事が起こりました。

それもそのはず。
『基本憲法Ⅰ』は、憲法事例問題を解くために最も実践的なテキストだからです。

本書は、『事例研究 憲法』の木下智史教授と、BEXAでおなじみの伊藤たける弁護士の最強コラボにより、初学者がつまづきやすところや、重要は判例についても整理をしています。
判例・裁判例も300近く収録されており、資格試験に必要な知識は、ほぼ網羅されているといっても過言ではありません。
しかも、長年の教育経験を有する木下教授による記述の正確性は折り紙つきです。

本書の特徴は『憲法事例問題の解法』

本書の特徴は知識の正確性だけではありません。

実は、本書が「最も実践的」である理由は、各章に掲載された演習問題と、第15講「憲法事例問題の解法」にあります。

本書には、合計14問もの演習問題が掲載されています。
しかも、教科書にありがちな解答のない問題ではなく、丁寧な解法が掲載されています。
おまけに、主張反論型での掲載となっているため、近年の司法試験や予備試験の出題傾向にも合致しています!

実は、平成29年司法試験の公法系第1問(憲法)の問題は、本書の第1講のマクリーン事件を題材にした演習問題の主張反論がそのまま使えるものでした。

こんな方にオススメ! 

 ✔ 憲法をはじめから学習したい

 ✔ 予備校の講義では憲法がわからなかった ← ご相談が多数!

 ✔ 短答式試験の憲法で点数がとれない

学習の基本は独学ですが、初学者がひとりで書籍を読み進めていても、ポイントがわからず、遠回りになってしまうこともあります。

また、本書は、通読可能な350ページ程度にまとめるため、かつて議論があったものの、判例が固まっているところについては、重要度の低い論点として簡素な記述となっている部分もあります。

そこで、BEXAでは、伊藤たける先生ご本人にお願いをして、初学者でもわかるように憲法学習の道案内をしていただくと同時に、掲載されている各理論の理由付けまでをもキチンとフォローしていただくことにいたしました。

これにより、本当に「本書だけ」で合格レベルまで一気に駆け上がることができるはずです!

演習問題の書き下ろし答案例つき!

 ✔ 実践的な答案例を書き下ろしました!

 ✔ 主張反論型に完全対応!

基本講義憲法には、さらに特典があります。

残念ながら、紙幅の都合などにより、本書には各章の演習問題の答案が付属していませんでした。
しかし、これまで論証集で勉強をしてきた受験生にとって、何らかの橋渡しをしなければ、いきなり本書のような主張反論を展開することは難しいかもしれません。

そこで、基本講義憲法では、すべての演習問題について、伊藤たける先生が答案例を書き下ろしました!
しかも、答案例は、本書の解説を取り入れつつも、より実践的な受験生フレンドリーな答案にブラッシュアップされています!

本講義を受講すれば、ワンランク上の答案を書けるようになるはずです!

大人気 憲法の流儀(基礎編)よりも網羅的!

 ✔ 短答式対策にもなる

 ✔ 知識の網羅性・内容は「憲法の流儀(基礎編)」よりも大幅パワーアップ!

伊藤たける先生は、ロースクール・ポラリスで『憲法の流儀(基礎編)』を配信しています。
この講義は、かつて伊藤塾のゼミとして始まったものですが、内容が論文式試験に特化されており、網羅性に欠けることが欠点でした。

しかし、本講義は、短答式試験の対策にもなるうえ、知識の網羅性は『憲法の流儀(基礎編)』を超えています
本講義は2017年に収録されているため、伊藤たける先生の教育経験が反映され、さらに内容はパワーアップ!

本講義と判例百選講義、出題ランキング講義シリーズを受講すれば、憲法で怖いものはありません。

使用テキスト・講義予定時間

(使用テキスト)

※講義の価格には、テキスト代金は含まれておりません。各自ご購入の上、講義を受講していただくよう、お願い申し上げます。

(配信時間数)

約35時間(予定)

(配信完了時期)

秋頃(予定)

カリキュラム

  • 基本講義憲法Ⅰ(基本的人権)のみ プランのカリキュラム

    講義時間: 約14時間25分
    配信状況: 一部配信中
    このプランを申し込む

    基本講義憲法Ⅰ(基本的人権)のみ

    ガイダンス
    第1回_序章_判決文を読む
    第2回_第1講解説
    第3回_第1講(演習問題)
    第4回_第2講(前半・公共の福祉~刑事施設被収容者)
    第5回_第2講(後半・公務員~演習問題)
    第6回_第3講(前半・幸福追求権~プライバシーの権利の判断枠組み)
    第7回_第3講(後半・プライバシーの権利をめぐる具体的問題~演習問題)
    第8回_第4講(前半・法の下の平等の意義~法の下の平等の内容)
    第9回_第4講(後半・法の下の平等の判断枠組み~演習問題)
    第10回_第5講(前半・精神的自由総論~思想及び良心の自由の内容)
    第11回_第5講(後半・思想及び良心の自由の判断枠組み~演習問題)
    第12回_第6講(前半・信教の自由)
    第13回_第6講(後半・政教分離~演習問題)
    第14回_第7講(学問の自由)&第12講の一部(教育を受ける権利)
    第15回_第8講前半(表現の自由補保障の意義~明確性の原則)

この講座を買った人はこの講座も買いました

アマゾンKindle "司法試験" 1位
スクール東京
¥4,600
現役女子大生が教える行政書士試験
荒木里佳
¥19,800

講座に悩んだら

講師紹介

弁護士(富山県弁護士会)・関西大学法科大学院非常勤講師、慶大院修了・法務博士(専門職)。
季刊刑事弁護第14回新人賞・最優秀賞
1986年10月2日生まれ。
NHK教育テレビ「真剣10代しゃべり場」への出演をきっかけに憲法と出会う。
司法試験合格後は、弁護士業務のほか、インターネットを中心に法学教育を行い、東洋経済オンラインにインタビューが掲載されるなど、活動の場を広げている。
詳しく見る