予備・司法試験
司法書士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

国際私法速習講義


体験動画・資料

国際私法速習講義サンプル1 1
https://www.videog.jp/player/P86Rj9skNM5o/">
国際私法速習講義サンプル1
国際私法速習講義サンプル2 1
https://www.videog.jp/player/SDFag6p7O49j/">
国際私法速習講義サンプル2

【特典:論証集付】田川裕太『国際私法速習講義/入門講義』の概要

講義回数

15

講義時間

約12時間30分

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 国際私法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 入門講義
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義
動画講義 PDFテキスト 製本テキスト配送

田川裕太 国際私法論証集の概要

論証集は、ダウンロード方式になります。
講義回数

0

講義時間

約0時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 国際私法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 入門講義
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

ゼロから合格レベルに引き上げる国際私法トレーニング

入門レベルから合格レベルまでの知識を解説!

・講義回数が15回のため、試験に必要な知識を効率的に学習可能!

・国際私法の科目特性つまづきやすいポイントを踏まえた解説!

・論文試験まで使える論証集の特典付き

「知識が少ない」からさらに一歩進んだ
最近の合格者だからこそ編み出せる回顧的にみて効率的な学習法

本講義は、令和元年予備試験合格者で令和2年司法試験合格の田川裕太先生が国際私法の知識を解説する講義です。

田川先生が、自身の学習経験を回顧的にみて、知識量が少ない国際私法を「はじめからこれを意識して学習していればもっと効率的に点数が獲れた」と考える学習法をそのままメソッドとして提供する講義です。
国際私法の知識ゼロの方でも効率的に合格レベルに引き上げることを目的としているため、あえて「入門講義」と冠し、入門レベルの知識から基本論点・重要論点だけでなく、近年の出題傾向対策の論点まで解説します。

また、田川先生作の国際私法の論証集付きです!
全88項目にも及ぶ論証集で、講義で覚えた知識を論文試験に活かすために役立つツールとなっています!!
国際私法は、倒産法や労働法等の選択科目と比べると論証集の種類も限られています。
そんな悩みを知っている田川先生だからこそ、論証集にもかなり力を入れています!!

科目特性+出題傾向+受験生視点
の3点から攻める国際私法学習

本講義の特徴は、①科目特性、②国際私法の出題傾向、③受験生視点の3点を意識している点です。

特徴① 科目特性:知識量が少ないだけじゃない!

国際私法は、労働法や倒産法などの受験生が多い科目に比べて知識量が少ないと言われることが一般的です。そのため、インプットの時間を少なくできるという一点のみで効率的な科目と言われます。しかし、実は知識量が少ないだけが国際私法の「科目特性」ではないのです。

○答案の型が決まっているのが国際私法

国際私法は、答案の型があらかじめ決まっています。イメージとしては刑法に近い科目です。もっとも、このことはインプットが完了した段階ではじめて気づくことができるのです。

○法律論の組立で勝負が決まるのが国際私法

国際私法は近年の司法試験・予備試験のあてはめ重視の傾向とは打って変わって、実は「答案のあてはめが占める割合が非常に少ない」という特徴があります。あてはめが1行や2行で終わってしまうということもあります。
つまり、法律論の組立方で勝負が決まる可能性が高い科目なのです。

そうであるとすれば、なんとなくインプットを終わらせた後に答案の型や法律論の組立を意識した対策するより、インプット段階でこれらを意識して学習した方が断然効率的なのは間違いありません。

本講義では、扱っている論点の体系的位置づけを非常に意識してカリキュラムが組まれています。答案や法律論のどの段階の問題なのかを常に意識しながら解説を進めるので、常に答案や法律論の組立を意識することが可能になります。

特徴② 出題傾向:難化傾向の「難化」って何が難しくなっているの?

近年の司法試験の国際私法は難化傾向にあると言われています。しかし、そもそも何が難化しているのでしょうか。
近年の国際私法は、テキストには実は書いてあるけれども、「まさかその論点が問われるとは」という伝統的な論点が問われているのです。

一般的なテキストや講義ではサラッと流す部分が不意に出題されるため、難しいと感じられているのです。

そこで本講義では、基本論点も当然解説しつつ、伝統的な論点も意識的に厚くし、近年の出題傾向を意識した解説を行っています。

特徴③ 受験生視点:つまづきやすいポイントを厚く解説

皆さんは国際私法は何のルールを扱う科目かイメージできますか?
労働法であれば労働者と企業の関係、倒産法であれば破産や民事再生というように、法律名から何のルールなのかをイメージできる科目がある一方で、科目名から何のルールを扱う科目なのかがイメージできないのが国際私法です。イメージできないからつまづきやすいポイントも実は多いです。

たとえば、国際私法学習の初期で「法性決定」というものを学びます。この「法性決定」が受験生を悩ませる難所の1つになっています。

乙国において婚姻生活を営んでいる日本人Aと甲国人Bの夫婦は、乙国において離婚しようとしている。甲国法では協議離婚が認められているが、乙国法では裁判離婚のみが認められている。当該夫婦は協議離婚の方法によって離婚することができるか。(講師作問)

このような問題の場合、離婚の方法の問題を「離婚」(通則法27条)と離婚の「方式」(通則法34条)のいずれの問題に「法性決定」をするのか、多くの受験生が迷いが生じがちです。

この場合ですと「離婚」(通則法27条)にて「法性決定」されます。

しかし、ここの部分を問われた本試験では、多くの受験生が離婚の「方式」(通則法34条)を選択したとのことです。

国際私法で要の一つでもある「法性決定」ですが、単に通則法の条文を知っている、あるいは、論証もある程度書けるようになっていたとしても、正解な条文の識を入れていなければ、引っかかってしまいます。

国際私法は刑法や経済法などと同様、あるいはそれ以上に最初の条文選択で点数が大きく違います。条文選択に相当する作業が「法性決定」なのです。
他の科目であれば入口の条文選択で万が一ミスをしても、あてはめでリカバリーできる可能性がありますが、国際私法では入口の「法性決定」を間違えると本番で致命傷を負ってしまいます。

本講義は、こういったつまづきやすい部分を厚く解説することで、国際私法学習をより効率的なものにすることができます。

受講形式/配信状況

受講形式

・インターネット環境下での、ストリーミング配信になります。

・入門講義用テキストは製本の上、ご指定のご住所に配送いたします。
 ※論証集は配送いたしません。

・入門講義用テキスト及び論証集は、PDFファイルでのダウンロードも可能です

【入門講義用テキスト配送スケジュール】
 週2回の発送スケジュール
 ・月曜~水曜に決済:その週の金曜に発送
 ・木曜~日曜に決済:翌火曜に発送

配信状況

第1回~第15回 配信中

カリキュラム

  • 【特典:論証集付】田川裕太『国際私法速習講義/入門講義』 プランのカリキュラム

    講義時間: 約12時間30分
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    田川裕太『国際私法速習講義/入門講義』

    第1回 はじめに〜本国法
    第2回 常居所〜反致
    第3回 不統一法国〜行為能力
    第4回 法人〜消費者契約
    第5回 消費者契約〜一般不法行為
    第6回 生産物責任〜債権譲渡
    第7回  債権譲渡〜物権
    第8回 物権変動〜婚姻の実質的成立要件
    第9回 婚姻の形式的成立要件〜離婚
    第10回 実親子関係〜養親子関係
    第11回 養親子関係〜扶養義務
    第12回 相続〜国際裁判管轄
    第13回 国際裁判管轄
    第14回 国際裁判管轄〜外国判決の承認・執行
    第15回 外国判決の承認・執行〜国際取引法
  • 田川裕太 国際私法論証集 プランのカリキュラム

    講義時間: 約0時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介

令和元年予備試験合格(論文二桁順位)
令和2年司法試験合格(総合10位台、民事系4位)
詳しく見る