予備・司法試験
司法書士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

国際私法速習講義

この講座を含むシリーズ


体験動画・資料

入門講義①
国際私法速習講義_入門講義サンプル1 1
https://www.videog.jp/player/P86Rj9skNM5o">
国際私法速習講義_入門講義サンプル1 - 入門講義①
テキストを見る
入門講義②
国際私法速習講義_入門講義サンプル2 1
https://www.videog.jp/player/SDFag6p7O49j">
国際私法速習講義_入門講義サンプル2 - 入門講義②
テキストを見る
過去問講義①
国際私法速習講義_過去問講義サンプル1(令和2年第1問) 1
https://www.videog.jp/player/D1WeQdsc5e3z">
国際私法速習講義_過去問講義サンプル1(令和2年第1問) - 過去問講義①
テキストを見る
過去問講義②
国際私法速習講義_過去問講義サンプル2(令和2年第2問) 1
https://www.videog.jp/player/zOKYFXeawy8U">
国際私法速習講義_過去問講義サンプル2(令和2年第2問) - 過去問講義②
テキストを見る

【特典:論証集付】田川裕太『国際私法速習講義』入門講義・過去問講義セットプランの概要

入門講義及び過去問講義のセット販売になります。特典として論証集も含まれています。論証集はPDFファイルのでご提供になります。論証集の製本テキスト配送は行いませんのでご注意ください。
講義回数

35回

講義時間

約22時間30分

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 国際私法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 入門講義
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義

田川裕太『国際私法速習講義』入門講義プランの概要

入門講義のみで過去問講義及び論証集はつきません。
講義回数

15回

講義時間

約12時間30分

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 国際私法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 入門講義
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義

田川裕太『国際私法速習講義』過去問講義プランの概要

過去問講義のみで入門講義及び論証集はつきません。
講義回数

20回

講義時間

約10時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 国際私法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 入門講義
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義

田川裕太『国際私法速習講義』論証集プランの概要

論証集のみを販売するプランになっています。講義テキスト及び講義動画は含まれておりません。
講義回数

論証集は、PDFファイルのダウンロード方式になります。

講義時間

約0時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 国際私法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 入門講義
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

ゼロから合格レベルに引き上げる国際私法トレーニング
入門講義・過去問講義

入門レベルから合格レベルまでの知識・過去問を解説!
・合計約22時間で試験に必要な知識を効率的に学習可能
・国際私法の科目特性つまづきやすいポイントを踏まえた解説!
・司法試験本試験を見据えた
問題文からの思考プロセスも解説!
・入門・過去問講義セットで論文試験で使える論証集の特典付き

本講義は田川裕太先生による国際私法の入門・基本講義と過去問講義です。

入門講義・過去問講義単品をご購入された方は差額購入可能

 すでに「国際私法速習講義」の入門講義または過去問講義をご購入くださっている方は、セットプランの価格(49,800円)を超えない価格で他方のプランをご購入いただけるクーポンを発行しております。

○対象者
 『入門講義』または『過去問講義』のご購入者様

○価格
・『入門講義』のご購入者様
 ⇒田川裕太『国際私法速習講義』過去問講義プランを9,800円引きのクーポンを発行。
・『過去問講義』のご購入者様
 ⇒田川裕太『国際私法速習講義』入門講義プランを9,800円引きのクーポンを発行。

※クーポンを利用せずにご決済くださった後のクーポンの適用は致しかねますのでご注意ください。

受講ページの「この講座について」(右画像赤枠)をタップくだされば、各プランを9,800円引きでご購入いただける割引クーポンを取得いただけます。
※クーポンが見つからない方はお手数ですが『お問合せ』よりご連絡ください。

コスパを考えるなら国際私法!

選択科目は司法試験本試験の受験生、予備試験受験問わず、あまり時間をかけることができない科目です。
インプットしてから論証を覚えて、問題演習・アウトプットをして…と丁寧に段階を踏んで学習していく余裕はあまりありません。
その点国際私法は、インプット量が少ない!インプット量が少ないから覚える論証の量も少ない!そのため、問題演習まですぐに駆け上がることができます!

でも、いくらインプット量が少ないとはいえ、
・国際私法というあまりイメージができない…
・論点を見つけるのにも苦労しそう…
・予備試験論文対策としては未知数…
・司法試験本試験では予備合格者と競わなきゃいけないのが不安…

なんて思っていませんか?

この講義は令和元年予備試験合格、令和2年司法試験本試験合格の田川先生がそういう不安を持っている方向けに制作した講義です。

  入門講義 過去問講義 論証集
入門講義・過去問講義セットプラン ○※
入門講義プラン × ×
過去問講義プラン × ×
論証集プラン × × ○※

※論証集はいずれのプランでも製本テキスト配送はいたしません。PDFデータでのダウンロードになります。

セットプランは入門から過去問、さらに特典で論証までオールインワン

本講義は制作当初から、田川先生自身が実践した「短期間での国際私法習得」を目的とした講義です。
1人の講師でオールインワン!だから一貫した用語が使われ、入門講義で習った言い回しがそのまま過去問、論証で活きる仕組みになっています。

また、セットプランご購入特典として、田川先生制作の国際私法の論証集が付いてきます!
全88項目にも及ぶ論証集で、講義で覚えた知識を論文試験に活かすために役立つツールとなっています!!
国際私法は、倒産法や労働法等の選択科目と比べると論証集の種類も限られています。そんな悩みを知っている田川先生だからこそ、論証集にもかなり力を入れています!!

入門講義は国際私法初学者がつまづきやすいポイントを重点的に解説

入門講義では、①メインとなる基本的知識は当然解説しますが、あくまで国際私法初学者を念頭に置いているため、②直近合格の経験者だからこそわかる『初学者がつまづき安いポイント』を重点的に解説します。さらに、司法試験本試験などでは③最近の出題傾向も踏まえた論点の解説も加えています。
本講義を受講すれば、基本論点~注意すべき論点~出題傾向に沿った論点まで短時間でカバーすることが可能です。

過去問講義は思考プロセスを重視して解説

令和4年予備試験から選択科目が追加されることに伴い、司法試験本試験過去問の重要性が増してきました。
選択科目導入初年度となる令和4年度予備試験では、司法試験で出題された基本論点が再度出題される可能性が高いのです。なぜなら、司法試験本試験での国際私法では基本論点に相当する論点はほぼ出題され尽くしている一方で、導入初年度の予備試験で基本論点以外の論点を問うということは考えづらいからです。
したがって、過去問演習をすること=予備試験で出題可能性のある論点を潰すことにつながるのです。

加えて、司法試験本試験では、国際私法で問題文の中にいわゆる「解答の誘導」が隠されています。そのポイントを理解していれば誘導に気づくことは可能ですが、理解していないと答案がブレてしまいます。

そこで本講義では、予備試験受験対策のための出題可能性の高い論点解説を過去問を通して行うと同時に、さらにその先の司法試験本試験での問題文の読み方・思考プロセスも解説します。

ゼロから合格レベルに引き上げる国際私法トレーニング
国際私法入門講義

「知識が少ない」からさらに一歩進んだ
最近の合格者だからこそ編み出せる回顧的にみて効率的な学習法

国際私法速習講義/入門講義は、令和元年予備試験合格者で令和2年司法試験合格の田川裕太先生が国際私法の知識を解説する講義です。

田川先生が、自身の学習経験を回顧的にみて、知識量が少ない国際私法を「はじめからこれを意識して学習していればもっと効率的に点数が獲れた」と考える学習法をそのままメソッドとして提供する講義です。
国際私法の知識ゼロの方でも効率的に合格レベルに引き上げることを目的としているため、あえて「入門講義」と冠し、入門レベルの知識から基本論点・重要論点だけでなく、近年の出題傾向対策の論点まで解説します。

特徴① 科目特性:知識量が少ないだけじゃない!

国際私法は、労働法や倒産法などの受験生が多い科目に比べて知識量が少ないと言われることが一般的です。そのため、インプットの時間を少なくできるという一点のみで効率的な科目と言われます。しかし、実は知識量が少ないだけが国際私法の「科目特性」ではないのです。

○答案の型が決まっているのが国際私法

国際私法は答案の型があらかじめ決まっています。イメージとしては刑法に近い科目です。もっとも、このことはインプットが完了した段階ではじめて気づくことができるのです。

○法律論の組立で勝負が決まるのが国際私法

国際私法は近年の司法試験・予備試験のあてはめ重視の傾向とは打って変わって、実は「答案のあてはめが占める割合が非常に少ない」という特徴があります。あてはめが1行や2行で終わってしまうということもあります。つまり、法律論の組立方で勝負が決まる可能性が高い科目なのです。

そうであるとすれば、なんとなくインプットを終わらせた後に答案の型や法律論の組立を意識した対策するより、インプット段階でこれらを意識して学習した方が断然効率的なのは間違いありません。

本講義では、扱っている論点の体系的位置づけを非常に意識してカリキュラムが組まれています。答案や法律論のどの段階の問題なのかを常に意識しながら解説を進めるので、常に答案や法律論の組立を意識することが可能になります。

特徴② 出題傾向:難化傾向の「難化」って何が難しくなっているの?

近年の司法試験本試験の国際私法は難化傾向にあると言われています。しかし、そもそも何が難化しているのでしょうか。
近年の国際私法は、テキストには実は書いてあるけれども、「まさかその論点が問われるとは」という伝統的な論点が問われているのです。

一般的なテキストや講義ではサラッと流す部分が不意に出題されるため、難しいと感じられているのです。

そこで本講義では、基本論点も当然解説しつつ、伝統的な論点も意識的に厚くし、近年の出題傾向を意識した解説を行っています。

特徴③ 受験生視点:つまづきやすいポイントを厚く解説

皆さんは国際私法は何のルールを扱う科目かイメージできますか?
労働法であれば労働者と企業の関係、倒産法であれば破産や民事再生というように、法律名から何のルールなのかをイメージできる科目がある一方で、科目名から何のルールを扱う科目なのかがイメージできないのが国際私法です。イメージできないからつまづきやすいポイントも実は多いです。

たとえば、国際私法学習の初期で「法性決定」というものを学びます。この「法性決定」が受験生を悩ませる難所の1つになっています。

乙国において婚姻生活を営んでいる日本人Aと甲国人Bの夫婦は、乙国において離婚しようとしている。甲国法では協議離婚が認められているが、乙国法では裁判離婚のみが認められている。当該夫婦は協議離婚の方法によって離婚することができるか。(講師作問)

このような問題の場合、離婚の方法の問題を「離婚」(通則法27条)と離婚の「方式」(通則法34条)のいずれの問題に「法性決定」をするのか、多くの受験生が迷いが生じがちです。

この場合ですと「離婚」(通則法27条)にて「法性決定」されます。

しかし、ここの部分を問われた本試験では、多くの受験生が離婚の「方式」(通則法34条)を選択したとのことです。

国際私法で要の一つでもある「法性決定」ですが、単に通則法の条文を知っている、あるいは、論証もある程度書けるようになっていたとしても、正解な条文の知識を入れていなければ、引っかかってしまいます。

国際私法は刑法や経済法などと同様、あるいはそれ以上に最初の条文選択で点数が大きく違います。条文選択に相当する作業が「法性決定」なのです。
他の科目であれば入口の条文選択で万が一ミスをしても、あてはめでリカバリーできる可能性がありますが、国際私法では入口の「法性決定」を間違えると本番で致命傷を負ってしまいます。

本講義は、こういったつまづきやすい部分を厚く解説することで、国際私法学習をより効率的なものにすることができます。

予備試験+司法試験本試験両方を見据えた
国際私法過去問講義

国際私法速習講義/過去問講義は、田川先生が平成23年度~令和2年度に出題された司法試験本試験の過去問を解説する講義です(令和3年度分については、出題趣旨・採点実感が発布された時点で追加予定)。
全問に講師作成のオリジナル答案例が付いてきます!

予備試験論文で点数を獲りつつ、そのまま司法試験本試験でも使える視点を提供

司法試験本試験直近10年分の論点をカバー

令和4年予備試験に選択科目が導入されます。
でも、こんな悩みありませんか?

基本7科目で手いっぱい…それが終わっても実務基礎2科目に加えて、さらに選択科目1科目も追加される…
選択科目対策をしようと思えばできるがどこまでやればいいのかわからない…

そんな方には「国際私法過去問講義」がオススメです。

選択科目のコスパを考えるなら国際私法は有力候補!

国際私法はとにかくインプット量が少ないですが、それに加えて、司法試験本試験では基本論点と呼ばれる論点はほぼ出題されます。
あなたが試験委員だとしたら…選択科目初年度に基本論点以外の論点出しますか?細かい知識を問う問題を出題しますか?基本論点を出題するのは当然の選択なのではないでしょうか?

仮に基本論点以外の部分が出題されたとしても、それはみんな解けません。

それくらい割り切らなければ、選択科目にそこまで時間をかける余裕はありません。

本講義は、司法試験本試験の過去問を平成23年度~令和2年度まで解説する講義です(令和3年度は出題趣旨・採点実感が発布されたら追加予定)。

司法試験本試験に向けて解答への誘導に気づく訓練ができる

国際私法にも実は「解答への誘導」がありますが、行政法や民事訴訟法のように明確に示されてはいません。実は問題文の中に隠されているのです。その誘導を見つけられるか否かが高評価へのポイントになります。
本講義では、論点の解説・答案例の提示は当然行いますが、一番のポイントは問題文を読みながらどうやって誘導に気づき、論点を導くかの思考プロセスを解説している点です。
本講義を受ければ、誘導のパターンに気づくことができ、初見の問題でも誘導に気づくことが可能になります。

受講形式/配信状況

受講形式

・インターネット環境下での、ストリーミング配信になります。
・入門講義用テキスト・過去問講義用テキストは製本の上、ご指定のご住所に配送いたします。
 ※論証集は配送いたしません。
・入門講義用テキスト・過去問講義用テキスト・論証集は、PDFファイルでのダウンロードも可能です

【テキスト配送スケジュール】
 週2回の発送スケジュール
 ・月曜~水曜に決済:その週の金曜に発送
 ・木曜~日曜に決済:翌火曜に発送

配信状況

○入門講義
 第1回~第15回 配信中
○過去問講義
 第1回~第10回 配信中

カリキュラム

  • 【特典:論証集付】田川裕太『国際私法速習講義』入門講義・過去問講義セットプラン プランのカリキュラム

    講義時間: 約22時間30分
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    田川裕太『国際私法速習講義/入門講義』

    第1回 はじめに〜本国法
    第2回 常居所〜反致
    第3回 不統一法国〜行為能力
    第4回 法人〜消費者契約
    第5回 消費者契約〜一般不法行為
    第6回 生産物責任〜債権譲渡
    第7回  債権譲渡〜物権
    第8回 物権変動〜婚姻の実質的成立要件
    第9回 婚姻の形式的成立要件〜離婚
    第10回 実親子関係〜養親子関係
    第11回 養親子関係〜扶養義務
    第12回 相続〜国際裁判管轄
    第13回 国際裁判管轄
    第14回 国際裁判管轄〜外国判決の承認・執行
    第15回 外国判決の承認・執行〜国際取引法

    田川裕太『国際私法速習講義/過去問講義』

    第1回 平成23年第1問
    第2回 平成23年第2問
    第3回 平成24年第1問
    第4回 平成24年第2問
    第5回 平成25年第1問
    第6回 平成25年第2問
    第7回 平成26年第1問
    第8回 平成26年第2問
    第9回 平成27年第1問
    第10回 平成27年第2問
    第11回 平成28年第1問
    第12回 平成28年第2問
    第13回 平成29年第1問
    第14回 平成29年第2問
    第15回 平成30年第1問
    第16回 平成30年第2問
    第17回 令和元年第1問
    第18回 令和元年第2問
    第19回 令和2年第1問
    第20回 令和2年第2問
  • 田川裕太『国際私法速習講義』入門講義プラン プランのカリキュラム

    講義時間: 約12時間30分
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    田川裕太『国際私法速習講義/入門講義』

    第1回 はじめに〜本国法
    第2回 常居所〜反致
    第3回 不統一法国〜行為能力
    第4回 法人〜消費者契約
    第5回 消費者契約〜一般不法行為
    第6回 生産物責任〜債権譲渡
    第7回  債権譲渡〜物権
    第8回 物権変動〜婚姻の実質的成立要件
    第9回 婚姻の形式的成立要件〜離婚
    第10回 実親子関係〜養親子関係
    第11回 養親子関係〜扶養義務
    第12回 相続〜国際裁判管轄
    第13回 国際裁判管轄
    第14回 国際裁判管轄〜外国判決の承認・執行
    第15回 外国判決の承認・執行〜国際取引法
  • 田川裕太『国際私法速習講義』過去問講義プラン プランのカリキュラム

    講義時間: 約10時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    田川裕太『国際私法速習講義/過去問講義』

    第1回 平成23年第1問
    第2回 平成23年第2問
    第3回 平成24年第1問
    第4回 平成24年第2問
    第5回 平成25年第1問
    第6回 平成25年第2問
    第7回 平成26年第1問
    第8回 平成26年第2問
    第9回 平成27年第1問
    第10回 平成27年第2問
    第11回 平成28年第1問
    第12回 平成28年第2問
    第13回 平成29年第1問
    第14回 平成29年第2問
    第15回 平成30年第1問
    第16回 平成30年第2問
    第17回 令和元年第1問
    第18回 令和元年第2問
    第19回 令和2年第1問
    第20回 令和2年第2問
  • 田川裕太『国際私法速習講義』論証集プラン プランのカリキュラム

    講義時間: 約0時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

0
 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講座に悩んだら

2021年9月30日 ぽんぽん

司法試験界隈での「周りに取り残されてしまったような感覚」との付き合い方~司法試験  cafe room at BEXA Vol.3~

4度目に合格を手にした司法修習生ぽんぽんさんが、受験生の皆さんを『司法試験合格を目指そう』と決意した時の高揚感をもう一度取り戻し勇気を持ってチャレンジし続けられるように応援します。

講師紹介

令和元年予備試験合格(論文二桁順位)
令和2年司法試験合格(総合10位台、民事系一桁順位)
詳しく見る