予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

労働法速習講義

この講座を含むシリーズ

労働法の過去問をベースに必要な知識をピックアップ


あと2日

体験動画・資料

東山景 『労働法速習講義』の概要

労働法の過去問をベースに必要な知識をピックアップ
講義回数

15回

講義時間

11時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
音声ダウンロード PDFテキスト PDFレジュメ

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

コスパよく労働法を学習したい
労働法で最低限押さえておきたい部分を凝縮

令和3年司法試験の採点実感を見てみよう

令和3年の司法試験本試験の採点実感29ページ目以降を読んでみてください。

このような記載がされています。

労働法は学習範囲が広いことが特徴ですが、基本書をすべて覚えたりすればよいというわけではありません。
労働法の特徴は、学習範囲が広い中でも判例学習のウェイトが重いという点にあるのです。

そのため、コスパよく労働法を学習するのであれば、判例(裁判例)の中でも、過去に司法試験本試験で問われた判例を学習するという方法をとることが1つの方法です。このように学習範囲を過去問から絞るという方法は、労働法を選択するものの、時間がなく選択科目の学習が間に合わないという方におすすめの対策方法です。

司法試験本試験過去問を体系別で分解

司法試験本試験の過去問を体系別で分解

本講義は、司法試験本試験の過去問を平成23年度~令和3年度まで解説する講義です。

他方で本講義の目的は、司法試験で出題された労働法過去問をベースに労働法の学習範囲を絞るということにあります。

したがって、各年度の問題をバラバラに分解し、体系的に並べ替えています。

司法試験本試験全年度の論点をカバー

本講義では、司法試験本試験の全年度の論点をカバーします。
本講義を受講すれば、労働法の重要な知識をカバーすることが可能になります。

サンプル音声     非典型的労働契約

サンプルテキスト 非典型的労働契約

サンプル資料       判例索引

 

受講形式/配信状況

受講形式

MP3形式での音声ファイルでご受講いただけます。
また、テキストはPDFファイルでダウンロードいただけます。製本・配送は実施いたしません。
各年度の問題文はご自身で法務省でダウンロードしてください。

配信状況

全講義配信中

カリキュラム

  • 東山景 『労働法速習講義』 プランのカリキュラム

    講義時間: 11時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

0
 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介