倒産法速習講義

上位1%合格者が教える法律学

  • Google+でシェア
    0

体験動画・資料

[倒産法速習講義 基本講義]体験動画 1
https://www.videog.jp/player/_oh_72-HFOgt">
[倒産法速習講義 基本講義]体験動画
テキストを見る

[2017年版]基本講義+論証講義+過去問講義フルセットプランの概要

「倒産法速習講義-基本講義-」「倒産法速習講義-論証講義-[第2版]」「倒産法過去問完全攻略講義」がすべてご視聴いただけます。
講義回数

基本講義(基本全50回、かけこみ全21回) 論証講義全8回

講義時間

基本講義(基本24時間程度、かけこみ12時間程度) 論証講義4時間程度

配信状況

一部配信中

全講義配信予定日

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 倒産法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 論文対策
動画講義 PDFテキスト 製本テキスト配送

[2017年版]基本講義+論証講義セットプランの概要

「倒産法速習講義-基本講義-」「倒産法速習講義-論証講義-[第2版]」がご視聴いただけます。
講義回数

基本講義(基本全50回、かけこみ全21回) 論証講義全8回

講義時間

基本講義(基本24時間程度、かけこみ12時間程度) 論証講義4時間程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 倒産法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 論文対策
動画講義 PDFテキスト 製本テキスト配送

[2017年版]論証講義単品プラン(テキスト配送あり)の概要

「倒産法速習講義-論証講義-[第2版]」のみご視聴いただけるプランです。
講義回数

論証講義全8回

講義時間

論証講義4時間程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 倒産法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 基本講義
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 論文対策
動画講義 PDFテキスト 製本テキスト配送

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

1. 「倒産法論証速習講義」が今、より進化して帰ってきました。

 「倒産法論証速習講義」は、2016年4月に発売し、直前期にも関わらず好評をいただいた講座です。
 多くの受講生からのご要望に応え、「倒産法速習講義」としてシリーズ化することにいたしました。

 新しくリリースされる「倒産法速習講義」は、①過去問対策、②判例に基づく論証、③基本講義の3つの要素を備えています。

 

 平成28年度司法試験の直前講義として販売した「倒産法論証速習講義」は、リリースからわずか8か月で、約100名に及ぶほどとても多くの方にご利用いただきました。
 そして、9月の合格発表後、多くの合格者や受講生からフィードバックを受けながら、受験生がどこでつまずきやすいのか、合格者と不合格者との視点の違いはどこにあるのか、講義でごまかしているように聞こえてしまう部分はどこか、講義やテキストを徹底的に見つめ直し、より試験に効果的なものへと昇華させました。

ご購入の際には、こちらをご一読の上、ご自身に合ったプランをご選択ください。

※テキストの配送は1月25日以降を予定しております。

リニューアルの三大ポイント

Point1 基礎学習から直前期対策まで!「基本講義」を買うと、さらに!「かけこみ講義」が付いてくる!!


 受講者の声「一般的に、基本講義を受けると、初学者の理解には役立つし、自己学習しやすくはなるけど、司法試験という点では、どこまで書いていいのか不安が残り、ついつい直前期講座やかけこみするような講座を別に買ってしまっていた
 

 

 このような声を踏まえ、初学者のためにフルスケールの「基本講義」を、そして、直前期や既に学習を進めている方の発展学習のために、よりスリム化した「かけこみ講義」を収録しました。

 しかも、「基本講義」に「かけこみ講義」を同梱させることを決めました!「攻守」兼ね備えた講義ですから、例えば、”倒産法学習ははじめて”という方でも、一度学習をしたけど点数が伸びないという方でも、安心して学習を進めることができます。
 ※使用するテキストは「基本講義」「かけこみ講義」どちらも共通するオリジナルテキストを使用いたします。

 

基本講義

高い網羅性、基本をじっくり丁寧に解説【守りの講義】

 全体像を意識しながらChapterごとに基本概念や思考過程についての本質的な理解を深めていくことができます。
 取り扱う分野・論点に穴がなくなり、民事法と重なる分野を含め広く倒産法全体を俯瞰して学習することができます。たとえば、判例は倒産法百選掲載判例から最新判例(重判掲載判例含む)まで"漏れなく"解説する上、民法・会社法・民事訴訟法判例も扱います。さらに民事執行法・保全法の知識についても補充します。
 この講義を受講いただければ知識面・理解面での不安はなくなります。

かけこみ講義

よりコンパクト、より速く、より実践的【攻めの講義

 どのようにコンパクトにするのか、どのように事案を解決するのかに主眼をおいて、既にインプットした知識をアウトプットしやすいようにリノベーションすることができます。
 必要な知識・重要度の高い知識を特に重点的に解説しており、メリハリのある学習が可能です。
 学習が進んでいる方のまとめ用にも、直前期の再確認にも、基本講義の復習にも最適な講義です。

 

Point2 動画もChapterごとに!聴きたいところ・不安なところだけを繰り返し回せます!


 受講生の声「『ここは飛ばします。』とかやるくらいなら、それを聴く時間が無駄時間であるように感じる。」
 受講生の声「(一般的な講義で)時間で講義の枠を決めているからか、後半尻つぼみになったり、説明が駆け足になっているものがある。」
 

 

 本シリーズでは、そもそも講義時間で内容の枠を決めず、Chapterごとに収録することで、時間よりも、内容の充実を優先しています!

 講義を受けるということは、時間の限られた受験生の時間をさらに取るものであるので、そこを徹底的に配慮しました。受講生にとって、どうすればより時間対効果が大きいかという視点から、講義を構成しています。基本講義・かけこみ講義・論証講義いずれもChapterごとで構成され、各Chapterには扱う分野が表記されているので、セットでお持ちの場合は比較的容易に横断学習をすることができます!

 たとえば、かけこみ講義受講中に不安な箇所が生じたとしても、基本講義のChapterから該当箇所を即座に検索することができ、ご自身で容易に学習を補完することができます。逆に、一度基本講義で学習された箇所をかけこみ講義で一気に復習することができ、学習時間の短縮が可能になります。

 さらに、論証講義も合わせれば

①基本講義で基礎を学習 ⇒ ②かけこみ講義で復習 ⇒ ③論証講義で完成

と3ステップで一気に速習が可能になります。

*もし「ここは分かりづらいな」「説明として不十分だな」というような点があれば、
【質問フォーラム】から、講師に直接質問することもできます。

 

Point3 倒産法学習・民事法学習が楽しくなる!


 受講生のみなさんが、これまで一生懸命身に着けてきた知識を、どのようにして倒産法の世界で活かすことができるのか?そしてそれを受講生がいかにすればできるようになるのか?
 

 

 倒産法の世界では、今まで勉強してきた法律の論理が、最終局面でどのように働くのか、ひとつひとつ積み上げて考えていくことになります。

 この講義では、法律学と向き合うことの楽しさを実感していただければ幸いです。

 

 たとえば、民法653条2号は破産手続開始決定があった場合の委任契約の終了原因について定めています。この規定は、民法の世界では取り扱う機会が少なく、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、倒産法の世界では非常に重要な意味を持っています。

 民法653条2号は委任契約が終了すると定めていますが、それでは、破産した会社の取締役(会社と取締役は委任関係)が残務整理を行うことができません。しかし、複数の最高裁判例の考え方を分析してみると、一定の場合には取締役の権限を残しているのです。どのような権限を残すべきなのかは、個々の事案における委任契約の内容や会社の組織上の権限に依存します。

 破産という最終局面では、今まで勉強してきた民法や会社法の解釈・ルールを変容させる必要があるのは事実です。しかし、それでもなお、大前提には民法や会社法で培った理解が土台になるのです。

 このように、倒産法を学習することは、同時に他の民事法を常に意識することを意味します。それはすなわち、倒産法・民事法をはじめとする"法律学"を学ぶことを意味します。

 

2. 合格者の声

倒産法速習論証テキスト使用者         
平成28年度司法試験 合格(倒産法選択)
平成27年度予備試験 合格

K.Nさん

 第一に、テキストには、倒産法の知識が極めて「網羅的に」組み込まれています。したがって、このテキストを使えば、知識不足で不合格になるということは、まず無くなります。むしろ、知識面で、自信を持つことができると思います。

 第二に、徹底的に「試験対策」という目的のために作られた講義・テキストです。試験でよく問われる点(破産法と民再法の違い等)について、しっかりとまとめられていますし、また、知識も論証の形で用意されているので、実践的です。あとは、講師のモットーである「知識の使い方」を実践できるようになれば、どんな問題でも解けるようになります

 

 

3. 【今後のリリース計画】/【単品でのご購入を検討している方へ】

 注目のタイトルは以下の3つです。

  シリーズ化前

シリーズ化後
(リニューアル)

倒産法論証速習講義 【初版】2016年4月発売(既完) 配信中
倒産法過去問完全攻略講義   2017年1月下旬発売予定
倒産法速習講義 基本講義   配信中

*発売時期は前後する可能性がございます。

*********************

≪ 事務局よりお知らせ ≫

※ 既に「倒産法論証速習講義(初版)」をお買い求めいただいたお客様には、「倒産法論証速習講義(第二版)」を無償でアップデートいたします。
※ 論証速習講義の初版をお持ちのお客様が製本版のテキストへの更新をお求めになる場合、製本テキストのみ別途有償で販売しております。

 

4. (リニューアル前)倒産法論証速習講義 [初版]

  〜全論点を論証パターンで回す、4時間完成講義〜

 「倒産法」の上位合格者が教える、全論点をたったの4時間で回す講義です。実戦で使える論証”例”で、暗記すべきところは簡潔に絞られています。他方で、判例については百選を必要としないほど徹底的に充実しています。動画は範囲で決めたチャプターごとで区切られているため、苦手なところ・暗記したいところだけを繰り返し聞くことで、補強したいところだけを強化することが可能です。
この講義で「倒産法」を自信源にしてください。

※本講義は、「【上位1%合格者が教える】倒産法直前講義」から名称を変更した講義です。
 

 (1)倒産法上位合格者の思考

 講義では各論点について「問題の本質」に導きます。授業を聞くことで実戦できる知識を身に着けてください。

 司法試験本番の論述試験では、当然のように未知の問題が出題されます。そのような問題に対して倒産法70点台(上位1%)はどのように考えるのか。彼は言います。
 「未知な問題に相対した局面で、事前に準備した論述を役に立てるには、その問題の本質から理解するしかないのです。その理解のために判例・裁判例の考え方を参考にする。判例・裁判例は考え方の参考に過ぎません。」
 

 (2)田澤講師「オリジナルの論証例」付きテキスト(全84頁)

実戦で使える簡潔な論証例。判例については百選などを参照する必要がないほど徹底。

 この講義は、従来の論証パターンに警鐘を鳴らしたい田澤先生が、責任をもって考えた【論述・解釈の一例】をオリジナルレジュメとして提示します。
 オリジナルレジュメは、それのみで本番に堪えられるよう作成されました。より実践的に論述の理由は極力1つに抑え、逆に判例については百選などを参照する必要がないほど徹底的に充実させました。
 さらに、近年出題傾向にある「再生計画」分野についても紙面を割き、必要十分な説明を加えました。
 

 (3)レジュメサンプルを公開中!

「講義の」中身に自信があるので、サンプルを広めに公開しています。

田澤先生「倒産法直前講義」サンプルレジュメ1
田澤先生「倒産法直前講義」サンプルレジュメ2
 

 (4)倒産法論証速習講義(初版)・ガイダンス動画

カリキュラム

  • [2017年版]基本講義+論証講義+過去問講義フルセットプラン プランのカリキュラム

    講義時間: 基本講義(基本24時間程度、かけこみ12時間程度) 論証講義4時間程度
    配信状況: 一部配信中
    このプランを申し込む

    田澤康二「倒産法速習講義基本講義」

    基本chapter_01
    基本chapter_02
    基本chapter_03
    基本chapter_04
    基本chapter_05
    基本chapter_06
    基本chapter_07
    基本chapter_08
    基本chapter_09
    基本chapter_10
    基本chapter_11
    基本chapter_12
    基本chapter_13
    基本chapter_14
    基本chapter_15
    基本chapter_16
    基本chapter_17
    基本chapter_18
    基本chapter_19
    基本chapter_20
    基本chapter_21
    基本chapter_22
    基本chapter_23
    基本chapter_24
    基本chapter_25
    基本chapter_26
    基本chapter_27
    基本chapter_28
    基本chapter_29
    基本chapter_30
    基本chapter_31
    基本chapter_32
    基本chapter_33
    基本chapter_34
    基本chapter_35
    基本chapter_36
    基本chapter_37
    基本chapter_38
    基本chapter_39
    基本chapter_40
    基本chapter_41
    基本chapter_42
    基本chapter_43
    基本chapter_44
    基本chapter_45
    基本chapter_46
    基本chapter_47
    基本chapter_48
    基本chapter_49
    基本chapter_50
    かけこみchapter_01
    かけこみchapter_02
    かけこみchapter_03
    かけこみchapter_04
    かけこみchapter_05
    かけこみchapter_06
    かけこみchapter_07
    かけこみchapter_08
    かけこみchapter_09
    かけこみchapter_10
    かけこみchapter_11
    かけこみchapter_12
    かけこみchapter_13
    かけこみchapter_14
    かけこみchapter_15
    かけこみchapter_16
    かけこみchapter_17
    かけこみchapter_18
    かけこみchapter_19
    かけこみchapter_20
    かけこみchapter_21

    田澤康二「倒産法速習講義論証講義」

    論証chapter_01
    論証chapter_02
    論証chapter_03
    論証chapter_04
    論証chapter_05
    論証chapter_06
    論証chapter_07
    論証chapter_08
  • [2017年版]基本講義+論証講義セットプラン プランのカリキュラム

    講義時間: 基本講義(基本24時間程度、かけこみ12時間程度) 論証講義4時間程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    田澤康二「倒産法速習講義基本講義」

    基本chapter_01
    基本chapter_02
    基本chapter_03
    基本chapter_04
    基本chapter_05
    基本chapter_06
    基本chapter_07
    基本chapter_08
    基本chapter_09
    基本chapter_10
    基本chapter_11
    基本chapter_12
    基本chapter_13
    基本chapter_14
    基本chapter_15
    基本chapter_16
    基本chapter_17
    基本chapter_18
    基本chapter_19
    基本chapter_20
    基本chapter_21
    基本chapter_22
    基本chapter_23
    基本chapter_24
    基本chapter_25
    基本chapter_26
    基本chapter_27
    基本chapter_28
    基本chapter_29
    基本chapter_30
    基本chapter_31
    基本chapter_32
    基本chapter_33
    基本chapter_34
    基本chapter_35
    基本chapter_36
    基本chapter_37
    基本chapter_38
    基本chapter_39
    基本chapter_40
    基本chapter_41
    基本chapter_42
    基本chapter_43
    基本chapter_44
    基本chapter_45
    基本chapter_46
    基本chapter_47
    基本chapter_48
    基本chapter_49
    基本chapter_50
    かけこみchapter_01
    かけこみchapter_02
    かけこみchapter_03
    かけこみchapter_04
    かけこみchapter_05
    かけこみchapter_06
    かけこみchapter_07
    かけこみchapter_08
    かけこみchapter_09
    かけこみchapter_10
    かけこみchapter_11
    かけこみchapter_12
    かけこみchapter_13
    かけこみchapter_14
    かけこみchapter_15
    かけこみchapter_16
    かけこみchapter_17
    かけこみchapter_18
    かけこみchapter_19
    かけこみchapter_20
    かけこみchapter_21

    田澤康二「倒産法速習講義論証講義」

    論証chapter_01
    論証chapter_02
    論証chapter_03
    論証chapter_04
    論証chapter_05
    論証chapter_06
    論証chapter_07
    論証chapter_08
  • [2017年版]論証講義単品プラン(テキスト配送あり) プランのカリキュラム

    講義時間: 論証講義4時間程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    田澤康二「倒産法速習講義論証講義」

    論証chapter_01
    論証chapter_02
    論証chapter_03
    論証chapter_04
    論証chapter_05
    論証chapter_06
    論証chapter_07
    論証chapter_08

この講座を買った人はこの講座も買いました

誰も教えてくれない民訴答案の作法
久保田康介
¥5,400
アマゾンKindle "司法試験" 1位
スクール東京
¥4,600
民事訴訟法を1から学習したい方に
久保田康介
¥32,800

講師紹介

卒業平成27年 慶應義塾大学法科大学院(既修) 修了
平成27年度新司法試験 合格(倒産法上位1%)
Red Bullをこよなく愛する。
モットーは,知識にたよらず。
http://ameblo.jp/koji-tazawa/

詳しく見る