予備・司法試験
司法書士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

LawPractice商法攻略講義

商法・会社法の思考プロセスを学ぶ


体験動画・資料

第5回 問題13~問題15
サンプル 1
https://www.videog.jp/player/kXT11wXv45F8">
サンプル - 第5回 問題13~問題15
テキストを見る

望月楓太郎『LawPractice商法攻略講義』の概要

講義回数

全20回

講義時間

約12時間15分

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 民事系 - 商法・会社法
動画講義

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

Law Practice商法を有効活用

・Law practice商法に掲載のある問題の答案例を取得できる
・司法試験・予備試験で問われやすい現場思考力を高めることができる
・掲載問題から派生する商法・会社法の
重要論点をチェックすることができる

本講義は『Law Practice 商法〔第4版〕』に掲載の問題をもとに、答案例を解説するのみならず、商法・会社法の思考方法を提供する講座です。

Lawpractice商法とは

 商法・会社法の基礎固めのための自学・自習用として高い評価を受けている演習書です。計54問掲載されており、司法試験・予備試験等の試験対策としても活用されています。特徴としては、次の3つが挙げられます。

①Lawpracticeシリーズを演習書として使用している受験生が多い
②論点の網羅性が高い
③予備試験・司法試験で問われるような現場思考力が高められる

 つまり、司法試験・予備試験の受験生とって、有益な演習書です!

Law Practiceから商法・会社法を得意科目にできる!

こんな方におすすめ

・会社法は範囲が広いから重要度合が高い論点を知りたい
・論点は分かっているから、起案方法を確立したい
・予備試験・司法試験に向けて効率的に論文対策がしたい

本講義の特徴

 Lawpractice商法の本来の良さを残しつつ、その良さを高めている本講義の特徴としては、次の4つが挙げられます。

①問題の答案例を掲載(持分会社・商行為については一部省略あり。)
②問題の優先順位をランク分け(A+、A、B、C)
③判例・通説をベースにして答案例を作成
④問題の論点や注意点について紹介

①問題の答案例を掲載(持分会社・商行為については一部省略あり。)

 LawPracticeシリーズは、問題の質が良いため多くの受験生が使用する演習書です。
 しかし、答案例が掲載されていないので、解きっぱなしになっている方もいるのではないでしょうか。または、答案例は手に入れたけど、それの活用方法が分からないという方もいると思います。
 この講座では、望月先生がご自身で作成された答案例をもとに解説。なぜその問題からその答案が生まれるのか、問題から答案例までの思考プロセスを解説で埋める講座となっています。
 論点の確認も当然のこと、問題文のどの事実に着目し答案を作り上げるのかの思考プロセスや答案の表現まで学ぶことが可能です。

②問題の優先順位をランク分け(A+、A、B、C)

 科目数が多い司法試験・予備試験の勉強をするには効率的に勉強したいところですが、本書には54問掲載されているため、独学で1周回すのに1日1題だと約2カ月かかります。論点の確認などにも時間がかかってしまう上、正しい論点の理解がされているのか、重要度はどの論点なのかが確認できず、かえって時間がかかってしまいます。
 この講座では、論点の理解や知識は望月先生があらかじめテキストに落とし込み解説をしています。
 また、掲載問題を4段階でランク付けしており(テキストに問題ごとのランクを記載しています)、優先順位の高い問題と優先順位が低い問題が区別できます。この講座を受講することで効率的な勉強が望めます。

③判例・通説をベースにした答案例

 会社法の勉強が進むにつれ陥りがちなのが判例・通説と学説の対立まで事細かに覚えようとしてしまうことです。
 確かに、知識として身につけておくことは重要ですが、試験対策としては判例・通説の知識がより重要になります。
 そのため、本講義では判例・通説をベースにした答案例を作成。判例・通説以外の有力説についても脚注でカバーしています。
 試験で使いやすい答案に仕上がっているので、ご自身で答案を書く際に、そのまま表現を利用することが可能です。

④問題の論点や注意点について紹介

 この講座では、答案例をもとに問題の論点や回答の際の注意点についても解説しています。独学では見落としてしまいそうな部分も本講義でカバーしています。
 そのため、受験生が陥りがちなミスの対策ができ、他の受験生より優位に立ちやすくなります。
 Lawpractice商法の解説+αなので、本書を単独で使うより高い学習効果が望めます。

インプット講座と併せてさらに効果的な学習も可能に

受講方式/配信状況

受講方式

インターネット環境下での動画ストリーミング配信によりご視聴いただけます。※サンプル講義参照
テキストはPDFでダウンロードいただく形式になります。製本配送は附属いたしません。
※『Law Practice 商法〔第4版〕』附属いたしません。別途ご購入が必要になります。

配信状況

問題1~問題65 配信中

カリキュラム

  • 望月楓太郎『LawPractice商法攻略講義』 プランのカリキュラム

    講義時間: 約12時間15分
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    望月楓太郎『LawPractice商法攻略講義』

    第1回 問題1~3
    第2回 問題4~6
    第3回 問題7~9
    第4回 問題10~12
    第5回 問題13~15
    第6回 問題16~18
    第7回 問題19~21
    第8回 問題22~24
    第9回 問題25~27
    第10回 問題28~30
    第11回 問題31~33
    第12回 問題34~36
    第13回 問題37~39
    第14回 問題40~42
    第15回 問題43~45
    第16回 問題46~48
    第17回 問題49~51
    第18回 問題52~55
    第19回 問題58~60
    第20回 問題61~65

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介

予備校を使わず在学中に予備試験・司法試験に合格!
H29 司法試験予備試験 合格
H30 司法試験 合格(論文10位台・全科目A・民事系2桁・刑事系1桁)
twitter @mochi_law
民事系に強い京都大学で民法ゼミと商法ゼミに所属し,民事系の力を鍛え上げた。
詳しく見る