予備・司法試験
司法書士 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

実務家に学ぶ民事実務過去問講座[改正民法対応]

実務家視点からの民事実務


川﨑直人『実務家に学ぶ民事実務過去問講座』改正民法対応の概要

講義回数

全16回

講義時間

8時間程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 民事系 - 民法
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 過去問対策
音声ダウンロード PDFテキスト

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

予備試験法律実務基礎科目(民事)
の全ての過去問を分析した解説!

実務家、元法科大学院特任教授による実践的な講義!

 本講義は長年中央大学法科大学院で教鞭をとられていた弁護士川崎直人先生による、予備試験法律実務基礎科目(民事)の過去問解説講義です。時間制限の中で書ける分量の精度の高い実践的な解答例をつけています。全ての問題を扱っており、改正民法に対応しています。

 法科大学院において、民事訴訟実務の基礎等の科目を担当していたときの講義、問題作成、採点の経験をもとに講義を組み立てています。 

平成29年の初版の全面改訂

 初版では、従来の前期修習の代わりという位置づけをして内容を組み立てましたので詳細なものになりましたが、本講座では、実際の予備試験のレベルを見据えて、効率的に試験に対応できる実力をつけるという観点から内容を組み立てています。講座の説明というレジュメと、その講義を無料でみられるようにしています。

講座の説明/サンプル

音声 講座の説明

レジュメ 講座の説明

音声 第15回平成30年解説

レジュメ 第15回平成30年解説

答案例 第15回平成30年解説

予備試験試験における「法律実務基礎科目(民事)」という科目の難しさ

 新問題研究を読んだが、予備試験の問題が解けない。記憶することも多いうえに、他に多くの科目があり、分厚い本を読む時間がないというのが、この科目の難しさです。

 本講座は、何とか短時間に合格レベルに達したいと思っている受験生のニーズに応えようとするものです。

 新問題研究を読んだ段階で、過去問に取り組み(初見では、十分にできなくとも構いません)、本講座のレジュメ、解答例、解説講義をもとに、内容を押さえていけば、試験に十分に対応できるように、内容、説明の仕方を工夫しています。
 要件事実については、最初に覚える類型を限定し(基礎の確認のレジュメ)、少しずつ膨らませていき、無理に覚えなくともよいように配慮しています。

カリキュラム/受講形式

カリキュラム

※第4回~第16回は予備試験過去問の法律実務基礎科目(民事)の解説を行います。
 問題文はご自身でダウンロードください。
 問題文はこちらから

 第1回 講座の説明
 第2回 基礎の確認(前半)
 第3回 基礎の確認(後半)
 第4回 サンプル問題設問1
 第5回 サンプル問題設問2、3
 第6回 平成23年解説
 第7回 平成24年解説
 第8回 平成25年設問1、2解説
 第9回 平成26年設問3、4解説
 第10回 平成26年設問1~3解説
 第11回 平成26年設問4解説
 第12回 平成27年解説
 第13回 平成28年解説
 第14回 平成29年解説
 第15回 平成30年解説
 第16回 令和元年解説

受講形式

 MP3形式の音声ファイルをダウンロードいただきご受講いただく方式になります。
 レジュメはPDFファイルにてダウンロードいただけます。テキスト製本配送は行いません。

カリキュラム

  • 川﨑直人『実務家に学ぶ民事実務過去問講座』改正民法対応 プランのカリキュラム

    講義時間: 8時間程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介

平成16年4月~平成19年3月 中央大学法科大学院客員講師
平成19年4月~平成29年3月 中央大学法科大学院特任教授

法科大学院では,民事訴訟実務の基礎,総合事案研究等,要件事実系の科目を主に担当していたが,民事系の過去問の分析,検討も行っていた。
詳しく見る