予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

刑事系TOPが作った刑事訴訟法判例百選講義

この講座を含むシリーズ


体験動画・資料

国木正『刑事系TOPが作った刑事訴訟法判例百選講義』の概要

講義回数

35回

講義時間

12時間程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 刑事系 - 刑事訴訟法
音声ダウンロード PDFテキスト

無料サンプル/刑事訴訟法判例百選講義 捜査の端緒のみの概要

国木正先生『刑事訴訟法判例百選講義』のサンプルプランです。
講義回数

2回

講義時間

30分程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 刑事系 - 刑事訴訟法
音声ダウンロード PDFテキスト

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

刑事訴訟法判例の事実面を深める!

・刑事訴訟法判例の事実面を"深める"ことができる
・自分の基準ではなく判例を基準にあてはめ勝負ができる
・刑事訴訟法判例百選掲載判例をカバーできる

本講義は、刑事系TOP合格者の国木正先生が『刑事訴訟法判例百選 第10版』に掲載されている判例をベースに各判例の解説をしていく講義です。

刑事訴訟法判例は事例判断が多い!

たとえば、6時間半その場に留め置いた行為が違法な行為と判断された平成6年9月16日判例では、6時間半という長時間移動の自由を制約することは違法と判断されたわけですが、最高裁は6時間半の留め置き=違法な移動の自由の制約と判断したわけではありません。

この事案は覚せい剤使用罪に関する事案であり、守るべき保護法益と被告人の移動の自由を天秤にかけると、移動の自由という重要な利益が優先される、という判断をしたに過ぎないのです。

刑事訴訟法の判例は、このようにその事案のみでの判断=事例判断ケースが結構な頻度で多く、その判例の評価をそのまま別の事案で使いまわすということが難しいのです。
仮にこの事案が殺人罪という重大な事案である場合、被告人の移動の自由が優先するという結論になるとは限らないのです。

論文試験は事例判断の事実を使ってくる!

論文試験では、こういった「仮にこういった場合は、どういう判断になる?」という問いかけをしてきます。

6時間半=違法な行為と解答することを期待しているわけではないのです。より深い、考える検討を期待しているのです。

そのため、あてはめの事前準備は、各有名判例の事実がどうだった、というだけでなく、"もしこの利益や事実がこうだったら?"という思考訓練をしておくと、たとえ想定外の利益や事実が提示されたとしても、その場で食らいつくことが可能になるのです。

あてはめは自由作文ではない!判例にヒントが隠されている!

「あてはめ勝負だから、事実を提示されないと準備できない」なんて考えていませんか?

あてはめ勝負=現場でどれだけ食らいつけるかの勝負、という図式はたしかに正しいでしょう。しかし勘違いしてはいけないのが、あてはめ勝負=自分の感覚で勝負ではないのです。

司法試験・予備試験は「法曹としての法的素養を判断する試験」です。そして、実務では「この事案とこの点で類似している判例によれば…」と前例である判例というものが非常に重要視されています。判例の事実が別の事案での判断基準になっているのです。

つまり、法的素養には、前例である判例を判断基準にしてより説得的に論じる法的コミュニケーション能力も含まれていることになります。これは規範にとどまらず、事実でも同様です。
にもかかわらず、あてはめで自分の感覚で勝負するということは、法的コミュニケーションを放棄しているに等しいのです。

刑事訴訟法判例の事実面を深める!

でも、事実面の想定なんて独学でやるのは難しいですよね。特に事例判断のケースなどは、独学で読み込んでもこの判例が事例判断なのか否かと区別すること非常に困難です。

そこで、刑事訴訟法判例百選講義では、刑事系TOP合格の国木正先生が、出題頻度が高いであろう刑事訴訟法判例百選の判例の事案の事実面やその裏側に隠された前提規範などを重点的に解説します。

本講義を受講すれば、ごちゃごちゃしている判例の事実が整理できるだけでなく、仮にこの事案で違う事実があった場合には結論が変わるのではという事前の想定が可能になります。

判例の事案内での事実を1つ1つ考慮

刑事系TOPが作った刑事訴訟法判例百選講義では、「この判例はこういった規範を使った」「こういう行為を違法あるいは適法にした」ということに留まる解説ではなく、「こういう保護法益だったからこの事実が活きる」といったその事案で重点を置かれた比較対象の解説も行います。
刑事訴訟法初学者ではなく、一通り刑事訴訟法判例を理学習したという方が、さらに刑事訴訟法判例を"深める"ことを目的としています。

判例が言及していない前提規範・評価にも言及

刑事訴訟法判例のいやらしい点の1つは、論文試験の答案と異なり、規範が明確に提示されていないケースがあるという点です。
すぐに当てはめを行い、結論を導いているため、指標になる規範のどの部分の話をしているのかが不透明になり、結果誤解が生じてしまいます。

本講義では、そういった隠れた前提規範や評価、さらには背景事情まで深く検討を加え、刑事訴訟法判例百選の判例を真に理解できるレベルにまで深めることが可能になっています。

オリエンテーション

オリエンテーションの音声の他、第1回「捜査の端緒」については、無料プランで公開中です。

【音声】オリエンテーション

【テキスト】オリエンテーション

受講形式/配信状況

受講形式

○mp3の音声ダウンロード形式によるご受講になります。動画は付属いたしません。
○テキストはPDFにてダウンロードいただけます。『刑事訴訟法判例百選〔第10版〕』は附属しませんのでご注意ください。

配信スケジュール/配信状況

全35回 配信中

・捜査の端緒
・捜査一般
・対無体物捜査
・対物的捜査
・対人的捜査
・接見交通
・公訴の提起
・訴因と公訴事実
・裁判所及び訴訟関与者
・公判準備及び公判手続
・証拠による証明
・証人
・自白
・伝聞証拠
・違法収集証拠
・上訴・裁判

カリキュラム

  • 国木正『刑事系TOPが作った刑事訴訟法判例百選講義』 プランのカリキュラム

    講義時間: 12時間程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

  • 無料サンプル/刑事訴訟法判例百選講義 捜査の端緒のみ プランのカリキュラム

    講義時間: 30分程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

0
 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介

2016 予備試験合格、2017 司法試験合格、2018 司法修習修了(71期)
詳しく見る