事例問題憲法講義

判例と事案のズレに気付ける

  • Google+でシェア
    0

安田貴行「事例問題憲法講義」の概要

講義回数

全31回予定

講義時間

15時間程度予定

配信状況

一部配信中

全講義配信予定日

配信状況をご確認ください

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 公法系 - 憲法
動画講義 PDFレジュメ

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

配信予定について~安田先生からのご連絡~

受講者の皆様へ
 この度、予定していた期日に収録が間に合わず、配信が遅延しております。以下、経緯についてご説明いたします。
 今回、家族がある法的トラブルに巻き込まれ、それに関する対応を行うために、収録ができない状況が続いておりました。 まさか家族がこういった事態に直面するとは思ってもおらず、私自身も動揺してしまい、遅延の告知も遅れてしまいましたこと、お詫び申し上げます。
 一旦収録・配信予定については、見直しをさせていただきただきます。 今後の予定につきましては下記「配信スケジュール」の通りです。
 配信が遅延してしまいますこと、重ねてお詫び申し上げます。

 安田貴行

 

「事例問題から考える憲法」を使って憲法の知識と書き方をリンクさせて解説

・判例の射程を意識した憲法の思考をすることができる!
・近年の憲法の出題傾向に対応できる!
・主張反論型だけでなく、オピニオン型にも対応できるようになる!

 本講座は安田貴行先生が『事例問題から考える憲法』を用いて、憲法の書き方や応用力のある判例知識の抑え方を解説する講座です。各問題の答案例も付いてきます。

ガイダンス・サンプル動画(設問2を題材にYouTubeで公開中)

答案例サンプル

設問22サンプル

※答案例サンプルは現時点のものを掲載しております。リリース時に一部修正される可能性がございます。
 

近年の予備試験・司法試験の傾向に沿った学習が可能になる優良書籍『事例問題から考える憲法』

近年は憲法も判例をベースにした立論が必要なっている

 近年の予備試験憲法論文は判例の基礎を抑えた上で、事案とのズレを意識した解答が求められます。また、平成30年司法試験では、とうとう「判例を…踏まえて」議論すべきことが明示的に求められています。

 こういった出題では、ベースになる参考判例の射程とズレるのか、ズレるとしてそれは結論をひっくりかえすほどのズレなのか否かを判断しなければなりません。

※平成30年司法試験問題文より抜粋

『事例問題から考える憲法』は出題傾向に沿った学習が可能に

 『事例問題から考える憲法』は、判例を使った立論を学ぶことをコンセプトとした演習書です。判例をベースとして、主張反論の組み立て方について解説しており、まさに近年の予備試験・司法試験の出題傾向に沿った学習効果が望める優良演習書です。

 同書はそれだけでなく、原告被告それぞれの主張反論方法を念頭に置くだけでなく、平成30年司法試験で出題されたいわゆる「オピニオン型」についても対応している書籍です。

 さらに、人権だけでなく統治も扱っており、予備試験での出題を想定した構成になっています。

 平成31年度の司法試験・予備試験を受験予定の方は、是非とも解いておきたい一冊です。
 

『事例問題から考える憲法』だけで収まらない応用力を身に付ける解説

 いかに優良な演習書だとしても、独学で同書を咀嚼し判例を基礎として未知の問題に対応することは、憲法の科目性質上非常に困難です。
 試験本番では初見の未知の問題が出てきます。この演習書の問題範囲内であれば議論の組み立てができるにもかかわらず、さらにそれから進んで判例の知識・理解を応用する力がなければ未知の問題に対応することができません。

応用力のある判例知識・理解が身に付く!

 この講義では、『事例問題から考える憲法』の事例問題の答案例だけでなく、同書の解説から未知の問題でも対応できる「応用力のある判例知識・理解」を解説します。この講義を受講すれば、従来の審査基準論(権利の内容や制約の程度を事案に則して考量)ではなく、基礎にある判例をベースとして、判例の射程内か射程外かを検討する能力が身に付きます。

判例の射程とズレるか否かを重点的に解説

 たとえば、同書の設問2は、医薬品のインターネットによる医薬品販売規制に関する出題です。これを読むだけで多くの方は「薬事法違憲判決」を想起すると思います。
 しかし、単純に「規制目的二分論」を使うか否かという抽象的な問題ではありません。
 薬事法違憲判決は、職業の自由に対する「許可制」という「強力な制限」が問題になったときの事案に関する判断がなされています。インターネットによる医薬品販売規制がこの事案の「許可制」と同義と言える程度の「強力な制限であるか否か」という点が組み立てのポイントになります。

 この講義では、こういったポイントに気が付くか否か、気が付いたとしてどう組み立てるか否かということを判例を基礎にして解説します。真の「判例で書くノウハウ」を習得することができます。
 

受講方式・配信順序・配信状況・重要度

受講方式

 この講義は動画ストリーミング配信です。答案例やレジュメはPDFのダウンロード形式になります。テキスト配送は行いません。
 『事例問題で考える憲法』は附属いたしませんので、ご自身で準備の上、ご受講ください。

配信順序・配信状況・重要度

 この講義は設問順ではなく、安田先生が人権分野と統治分野をそれぞれ体系化して、それに準拠して配信いたします。さらに、出題可能性の観点から重要度をランク化しています。※下記の一覧表の問題番号順で配信いたします。

配信スケジュール

【人権】
・第1回 設問12☆☆☆
・第5回 設問02☆☆

9月3日配信開始予定
配信中

・第2回 設問22☆☆☆
・第3回 設問01☆☆☆
・第4回 設問18☆☆☆
・第6回 設問19☆☆
・第7回 設問05☆☆☆
・第8回 設問16☆☆
・第11回 設問06☆☆☆
・第12回 設問28☆☆☆

9月17日配信開始予定
配信中
・第11回 設問06☆☆☆
・第12回 設問28☆☆☆
9月24日配信開始予定
・第9回 設問21☆
・第10回 設問03☆
・第13回 設問09☆☆☆
・第14回 設問13☆☆
・第15回 設問14☆☆☆
・第16回 設問10☆
・第17回 設問23☆☆
10月4日配信開始予定
・第18回 設問27☆☆
・第19回 設問26☆
・第20回 設問15☆
・第21回 設問08☆
10日8日配信開始予定
・第22回 設問30☆☆
・第23回 設問24☆☆
・第24回 設問17☆☆☆
・第25回 設問設29☆☆☆
10日21日配信開始予定
・第26回 設問25☆
・第27回 設問11☆☆
・第28回 設問04☆☆
・第29回 設問07☆☆
・第30回 設問20☆
10日28日配信開始予定

 

カリキュラム

  • 安田貴行「事例問題憲法講義」 プランのカリキュラム

    講義時間: 15時間程度予定
    配信状況: 一部配信中
    このプランを申し込む

    安田貴行「事例問題憲法講義」

    【動画】第1回 設問12
    【動画】第2回 設問22
    【動画】第3回 設問1
    【動画】第4回 設問18
    【動画】第5回 設問2
    【動画】第6回 設問19
    【動画】第7回 設問5
    【動画】第8回 設問16
    【動画】第11回 設問6
    【動画】第12回 設問28

この講座を買った人はこの講座も買いました

自分の答案をセルフチェック
清水啓示
¥1,000
民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥13,800

講師紹介

<講師プロフィール>
法律研修講師(【安田貴行司法試験対策ブログ】https://ameblo.jp/takayukiyasuda-shihou/)
オンラインロースクールのオーナー
平成19年 近畿大学法学部法律学科卒業(環境行政法ゼミ。法学部長賞受賞)
平成21年 関西大学大学院法務研究科(既修コース)卒業,司法試験合格(選択科目:環境法)
平成22年 新第63期司法修習終了
弁護士として,民事事件,刑事事件等を担当していたが,講師業に専念するために弁護士登録を取消し。
これまで,司法試験,行政書士試験,公務員試験,自治体法務研修等,「法律を教えること」を専門にしている。
詳しく見る