論点処理マニュアル

新しい形の論点処理マニュアル

  • Google+でシェア
    0

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

法的思考を身に付けるための新しい形の論点処理マニュアル

・論証集だけ覚えても問題で使えない...
・論証が書けてもあてはめができない...

 それは法的思考に裏付けられた、本当の意味での論証の理解ができていないことが原因です。

 本講座は、沢田隆先生が各科目ごとの法体系的な位置づけ・具体的な定式・あてはめ例などを踏まえて制作した論点処理のマニュアルです。

 ※PDFファイルでのダウンロード形式になります。テキスト製本・配送は行いません。また、講義動画や音声は附属しません。

論点処理マニュアルシリーズ

各マニュアルごとにご覧、ご購入いただけます。

憲法論点処理マニュアル
民法論点処理マニュアル
刑法論点処理マニュアル
会社法論点処理マニュアル
民事訴訟法論点処理マニュアル
行政法論点処理マニュアル

 

法的思考についての考察

 司法試験・予備試験合格に必要なものは、法的思考(リーガルマインド)であり、これは

①総論的意義の処理手順の確立
②各論的意義の処理手順の確立
③法的論点の理解
 に分解することができます。

 ①には、法的文書の書き方、典型例としては法的三段論法や要件事実論などが含まれます。事案をどのように分析して、どのような形で答案にすべきかといった、いわゆる論文の処理手順といったものです。
 ②には、例えば行政法における処分性や原告適格、民法における不法行為の論じ方などが含まれます。各科目·各領域において個別的にどのような具体的処理をすべきかといった、より各論的、ミクロ的な論文の処理手順です。
 ③は典型的な論証の理解です。
 

「論文処理手順」「論点処理マニュアル」の意義

 従来の司法試験・予備試験対策の教材は、③に特化したいわゆる「論証集」と、あとは合格水準の答案例が掲載された(つまり①②③をクリアした答案例が掲載された)「演習書」ばかりであって、①②を明文化して体系化した本は存在しませんでした。
 受験生は、③だけを手掛かりに「演習書」を用いた演習を繰り返し、自カで①②を探求し、身につけねばならなりませんでした。これは非常に非効率であるほか、受験生にとっていつ答案が書けるようになるかいたずらに不安になるばかりであり、好ましい学習環境とはいえません。

 沢田先生の提供する一連の教材のコンセプトは、上記①②③を有機的一体的に受験生に提供することにあります。

 論文処理手順が①に対応し、論点処理マニュアルが②③に対応する。そのため、後者のマニュアルはいわゆる「論証集」とは異なり、論証のあてはめ例・具体的な定式・法体系的な位置づけまでカバーした造りとしている。その結果、論証集としてみる限りでは分量が多く、長い記載となっているが、その分一般の論証集とは異なり、判例集や基本書、演習書の解説の読み込みをせずに、マニュアル単体での知識の習得が可能となっている。
 

この講座を買った人はこの講座も買いました

民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥15,800
民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥14,800
民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥12,800

講師紹介

京都大学法科大学院在学中に平成28年予備試験に合格。翌年司法試験に合格。
twitterにて質問箱によるリアルタイム質問対応中。 @law_examinee
詳しく見る