民法論点対策マニュアル【完全版】

民法で勝負できる論証集

  • Google+でシェア
    0

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

『民法論点対策マニュアル』は他の論点処理マニュアルと統一させるため『民法論点処理マニュアル』に名称を変更いたしました。また、販売も『論点処理マニュアル』ページに移行しましたので、ご希望の方はそちらをご覧ください。

『論点処理マニュアル』ページへ

※本ページは「民法論点処理マニュアル」の紹介ページとして公開を継続いたします。

 

読むだけで民法の知識・論証がインプットできる新しい形の論証集!

 普通の論証集だけだと前提知識がなければ理解できない...かといって基本書を読んでも論証をまとめることができない...
 そんな方にうってつけの読むだけで民法の知識の大半がインプットできる新しい形の論証集!

 「論文処理手順マル秘ノート」でお馴染み沢田隆先生の民法特化の論証集『民法論点対策マニュアル【完全版】』の販売を開始しました!
 範囲が膨大になる民法をカバーすべく、民法総則から不法行為までの財産法をおよそ260ページにまとめた、沢田先生オリジナル論証集になります。
 ※家族法独自の論証は含まれておりませんので、ご了承ください。
 ※ご購入者様はPDF形式でのダウンロードしてご利用いただけます。テキスト製本・配送は行いませんのでご了承ください。

 

論文処理手順マル秘ノートと何が違うの?

 処理手順ノートは内容面より学習方針及び答案作成方針を定式化明確化するコンセプトの元、制作されたものです。主に混乱しやすい箇所を中心に知識を体系化して整理し答案作成に特化した教材になります。
 現場思考ないしは基礎的な考え方が重要である公法系科目や刑事系科目は処理手順ノートだけでほぼ答案に対応することが可能です(これらは公式があれば解ける科目)。
 逆に商法や民事訴訟法は、思考方法より論点知識がモノをいう可能性が高い科目です。たとえば、商法では条文の読み込み、民事訴訟法では判例百選の読み込みでカバーできるでしょう。

 しかし、民法はそうはいかず、各論点が複雑に連動しあっており、各論点ごとに別個の答案の書き方や考え方が要求されるうえ、幅広い知識も要求されます(だからこそ民法は苦手な人が多い)。本論証集は、民法の基本的な書き方である要件事実に依拠したうえで、適宜答案上での攻撃防御構造を示しつつ、それに従って論点を展開した教材です。さらに、民法改正への対応を意識して、債権法では特定物ドグマを取らない場合の論証も用意するなどの対策もしております。

 民法では当事者双方が一定の要件を主張立証することで法的効果を生じないしは消滅させ請求権の存否を争う構造をとります。
 処理手順ノートは、必要な要件論及びそれに即した答案の処理手順をまとめたものの位置付けである一方で、本論証集は、その答案の処理手順を前提とした上で、幅広い論点についてその書き方を網羅したものです。

 処理手順が答案の説明書なら、本論証集はその答案に必要な部品をすべて提供する位置付けです。両者をかけあわせることで、さまざまな答案を構築することが可能になります!
 

サンプル・目次公開中

本論証集の内容がよりわかりやすくなるよう、サンプルと目次を公開いたします!

    サンプル    

     目次     

 

今からでも間に合う民法対策!

 民法は範囲が膨大である上、上記のような特性があるため「民法以外の科目で勝負」と考えられている方も多いのではないでしょうか。

 司法試験合格の秘訣は「苦手科目をなくすこと」にあります。
 まだ民法を諦めたくないという気持ちが少しでもあるのであれば、残りの期間、本論証集で「民法で勝負」できるノウハウを習得しましょう!

 

この講座を買った人はこの講座も買いました

アマゾンKindle "司法試験" 1位
スクール東京
¥4,600

講師紹介

京都大学法科大学院在学中に平成28年予備試験に合格。翌年司法試験に合格。
twitterにて質問箱によるリアルタイム質問対応中。 @law_examinee
詳しく見る