予備・司法試験
司法書士 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

かけこみ環境法

4時間で環境法テキストまくり


清水啓示『かけこみ環境法』の概要

講義回数

全22回

講義時間

4時間程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 環境法
音声ダウンロード

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

  1. たった4時間で環境法を総まくり!
・膨大な環境法基本書をスリム化できる!
・重要部分だけを
ピックアップして総まくりできる!

 本講座は『環境法<第4版>弘文堂)』テキストを用いて、4時間で同書のテキストの重要部分をかけこみ総チェックする講座です。

  1. 環境法の基本書何使ってる?

あなたは環境法の基本書何使ってる?

 多くの環境法受験生が使用しているのは次の基本書ではないでしょうか?インプットはこの本で環境法は十分と言えるでしょう。

ただ量がとにかく多い

 しかし、『環境法<第4版>弘文堂)』は684ページと分量がかなり多いです。
 独学じゃ全部を網羅することができない!どの箇所が重要部分なのかわからない!
 重要部分とそうでない部分をメリハリを付けずに読み進めては、いつまでたっても消化することはできません。

たった4時間で重要部分を総まくりできる講座

 本講座は環境法選択で上位合格された清水啓示先生が、『環境法<第4版>弘文堂)』を用いて、どの箇所が重要な箇所かをピップアップ!
 環境法の基礎知識を速効でチェックし、知識を一気にスリム化するための講座です。

環境法は全体の俯瞰が重要

 環境法は環境10法が基本になっており、各法の知識が散らばっていて、それぞれを押さえなければならない印象を受けます。
 10も法律があるので、選択科目とはいえそれなりの負担がかかりそうにも思えます。

 しかし、実は各法の基本発想は大体同じなのです。その「大体同じ」感覚を身に付けるためには、まず全体を俯瞰できるようにしなければなりません。

 各法の共通点と相違点を理解すれば全体の俯瞰が可能になります!

 本講座は1つの基本書で、重要部分を短時間で総まくりし、なおかつ重要部分をチェックしていくことで、全体を俯瞰する視点を矯正する講座です。

 4時間の受講を終えた後は、『環境法<第4版>弘文堂)』をきれいに整理整頓することができます!

受講方式・配信状況

 『環境法<第4版>弘文堂)』は附属いたしません。別途ご購入ください。
 レジュメは附属いたしません。
 講義はMP3形式での音声ファイルをダウンロードしてご受講いただけます。

 全回配信中
 第1章~第15章

サンプル

第5章の1 音声

カリキュラム

  • 清水啓示『かけこみ環境法』 プランのカリキュラム

    講義時間: 4時間程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講師紹介

大学2年次に行政書士試験合格
国家公務員試験総合職試験(院卒者・行政)合格
司法試験予備試験最終合格(順位2桁)
司法試験最終合格

私が、在学中、国総と予備試験にW合格した秘訣は、徹底した過去問と合格者の”行動”を分析し、合格にとって必要な最小限度の対策だけを行ったことです。
詳しく見る