経済法TOPが作った経済法論証講義

経済法TOP合格の相場観がわかる


山口紀幸『経済法TOPが作った経済法論証講義』の概要

講義回数

全18回

講義時間

3時間30分程度

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 科目で選ぶ - 選択科目 - 経済法
音声ダウンロード PDFレジュメ

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

2018年経済法TOP合格者のメソットでライバルに差をつける!

・経済法1位合格者作成のオリジナル論証集が手に入る!
・経済法でライバルに差をつけるポイントがわかる!
・試験委員が本当に聞きたいところがわかる!
・上位合格者の相場感がわかる!

 本講座は、2018年司法試験合格者で経済法TOP合格者の山口紀幸先生が、ご自身の経済法のオリジナル論証集をカスタマイズし、論証の使い方+あてはめのための視点・応用力の付け方を解説する講座です。
※バナー画像に『経済法「1位」が作った』とございますが、山口先生は経済法1~2位で合格されております。後ほど、バナー画像を修正させていただきます。
なお、別販売の「経済法速習講義」は別講師が担当しているため、連続性はございませんのでご注意ください。

サンプル

ガイダンス・本講義の使い方

サンプル・不当な取引制限1 音声

サンプル・不当な取引制限1 レジュメ

 

受講形式

mp3音声ファイルをダウンロードいただいてご受講いただけます。
テキストはPDFファイルをダウンロードいただけます。テキスト製本・配送は行いません。

セール・キャンペーン

2019年3月31日まで、OPENセールを実施いたします。
また、2019年司法試験受験生応援キャンペーンとして、3月31日までにご購入くださった方には
もれなく2019年度司法試験経済法の出題予想が附属します。

 

本当に経済法でTOPを取るには事前準備が不可欠

・ライバルに差をつけるための思考方法をすぐに習得したい!
・経済法上位合格者の相場観を知りたい!
・試験委員が何を聞きたいかを知りたい...
・経済法のあてはめの対策方法がわからない...

経済法は覚えることが少なく、規範は書けて当然、その後のあてはめが合否をわけると言われています。
そのため現場での思考勝負・思い付き勝負になりやすくなります。

主要7科目なら過去問の分析などであてはめの練習をしている方が多いでしょうが、選択科目にそんな時間を費やしている余裕は受験生にはありません。

結局、経済法の対策は論証の暗記にとどめ、後は本番でどうにかするという受験生が多いです。

何も対策せず現場の思い付きだけであてはめはできない

しかし、実際に現場の思い付きだけで試験委員が本当に聞きたいことを問題から読み取り、他の受験生よりも優れているあてはめができるという人は多くはないでしょう。

あてはめ重視の経済法こそ、論証の意味を正確に理解し、かつ、論証に対応した事実を評価するというあてはめの準備が事前に必要になってくるのです。ということは、事前にあてはめの対策をしっかりととれていれば、簡単に他の受験生と差をつけることができ、経済法で合格点を取ることが可能になります。

 

経済法TOP合格者のメソット・相場観・思考方法を余すことなく伝えます

①経済法TOP合格者の論証集・まとめノートが付いてくる

本講座は"論証講義"ですので、講師オリジナルの経済法論証集(まとめノート)が附属します。

②TOP合格者の相場観・思考方法を解説

経済法で求められるあてはめの素養は、"一般的"な経済的観点・経済的合理性です。

問題はその"一般的"が何かが見えていない点にあります。独自で分析しようにも、何が一般的なのかわからない状態から分析・習得しなければなりません。そんな時間はありませんし、独学で行うことは他の科目の学習に影響を与えてしまいます。

本講座は、山口先生ご自身がすでに分析され、上位合格に必要だと思われる"一般的"な経済的観点・経済的合理性を講義で解説します。これらの考慮要素をあらかじめ頭に入れておけば、現場で何を指針にして事実をひっぱり、評価すれば良いのかということが明確になります!

③未知の問題に堪え得る応用力も身につく

どの科目でも未知の問題が出題される可能性があります。経済法例外ではないでしょう。市販の論証集や本講座の論証集に書かれていない問題が出題されればお手上げです。

本講座では、論証集に書かれていない問題が出題されても、それに対応できるだけの応用力を山口先生が伝授します。講義内で解説するので、まさに本講座を受講した人だけが応用力を身に付けることが可能になります!

カリキュラム

第0回 本講義の使い方
第1回 司法試験経済法
第2回 経済法総論
第3回 不当な取引制限1
第4回 不当な取引制限2
第5回 企業結合
第6回 事業者団体規制
第7回 私的独占
第8回 不公正な取引方法総論
第9回 取引拒絶
第10回 不当廉売
第11回 差別対価等
第12回 再販売価格拘束
第13回 排他条件付取引
第14回 拘束条件付取引
第15回 抱き合わせ
第16回 取引妨害
第17回 優越的地位の濫用
第18回 適用除外とエンフォースメント

カリキュラム

  • 山口紀幸『経済法TOPが作った経済法論証講義』 プランのカリキュラム

    講義時間: 3時間30分程度
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座を買った人はこの講座も買いました

時間のない人にオススメ
森田雄二
¥29,800
H25予備試験最年少合格者の講義
内藤慎太郎
¥27,000
条文解釈を読むポイント
清水啓示
¥21,000

講座に悩んだら

2019年3月19日

講師紹介

ロースクール卒(純粋未修),平成30年度司法試験合格,総合25位,論文24位,経済法1~2位

詳しく見る