民法の基礎2で学ぶ民法物権

民法を一人の講師で網羅的に学べる

  • Google+でシェア
    0

民法の基礎2で学ぶ民法物権の概要

講義回数

27

講義時間

約13時間30分

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 民事系 - 民法
動画講義

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

1.民法の基礎2で学ぶ民法物権の概要

 この講義では、民法の基礎2(佐久間毅著)を用いて、物権を網羅的に学習します。約11時間30分(+補充講義3時間30分)かけて丁寧に同書を読み解いていくので、これから物権の勉強をはじめる方や民法に苦手意識を持つ方に最適の講座です。

※基本講義民法の物権と同一の講座です。
『民法セット』(民法総則から親族相続全範囲を網羅したセット)は"こちらから"
 

2.なぜ民法の基礎2物権(佐久間毅著)を用いるのか

 民法の基礎2(佐久間毅著)は、初学者でも読み進めていけるように配慮されつつも、小さいフォントを駆使して発展的事柄にも言及するなど、どのようなレベルのユーザーであっても使いやすい素晴らしいテキストです。また、事例も豊富で、同書の事例を読み解くうちに自然と民法の基礎力を養成することができます。
 本講座で民法総則の基礎を習得した後も、同書を用いて復習をするうちに、予備試験・司法試験で要求されるレベルを超えることができます。
 以上より、最初から最後まで使えるテキストであることから、本講座に同書を使用することにしました。
 

3.基本書で学ぶ民法シリーズの特長

<ポイント①> 思考の軸が得られる!

 民法の各見解には、必ずといっていいほど、(a)保護の必要性(b)負担の正当化の両要素が含まれています。しかし、テキストの記載ではそれらの要素が区別されていないことが多く、並列的に理由を覚えがちです。講義では、その理由がどちらの要素なのかをできる限り明確にしつつ進めていきます。だから、各見解の理由付けの意味を正しく理解することができますし、それを軸として未知なる問題に対応することができます。

<ポイント②> 復習がはかどる!

 民法は1044条の条文と大量の判例法理を中心とした膨大な情報から構成されています。そのため、的確に情報の取捨選択し、効率的に復習をする必要があります。この講義では、コアカリキュラムに準拠して情報を選別し重要な情報にはマークをするように指摘しながら進めていきます。講義後には、重要な部分にマークをしたテキストが手元に残りますので、より短時間で民法全体を復習することができます。

<ポイント③> 条文を起点に全範囲を網羅!

 予備校の基礎講座では、親族相続については財産法と関連のある部分しか解説がなされずに終わります。また、基礎講座段階で条文を確認しないため、基礎講座を終えて次の段階に移行する際に、条文の文言と解釈の乖離に苦労させられます。
 この講義では、総則から相続法までの全範囲を、定評のあるテキストに沿ってしっかりと解説をします。また、テキストに引用された条文のほとんどを実際に確認し、どの文言がどのように解釈されているかをお伝えするので、次の段階へスムーズに移行できます。

 

4.こんな方におすすめ!

・これから物権の学習をはじめる方
・177条について、変動原因の制限説/無制限説と第三者の制限説/無制限説の違いがわからない方
・即時取得の占有取得についての判例を理由づけを知りたい方
・即時取得には188条の推定を利用できるが時効には188条の推定を利用できない理由が知りたい方
 

5.使用教材・講義時間数・価格

≪使用教材≫
 佐久間毅『民法の基礎(2)物権』
 ※使用教材は別途ご購入いただく必要がございます。

≪講義時間数≫
 約11時間30分(+補充講義3時間30分)

≪価格≫
 12,800円
 

その他の基本書で学ぶ民法シリーズ

基本書で学ぶ民法セット(基本講義民法セット)
民法の基礎1(佐久間毅著)で学ぶ民法―総則
民法講義3(松井宏興著)で学ぶ民法―担保物権
民法講義4(松井宏興著)で学ぶ民法―債権総論
基本講義6-1(潮見佳男著)で学ぶ民法―債権各論Ⅰ 契約法・事務管理・不当利得
基本講義6-2(潮見佳男著)で学ぶ民法―債権各論Ⅱ 不法行為
LegalQUEST民法Ⅵ(前田陽一ほか著)で学ぶ民法―親族・相続

カリキュラム

  • 民法の基礎2で学ぶ民法物権 プランのカリキュラム

    講義時間: 約13時間30分
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    久保田康介「基本講義民法_2物権」

    物権_1-1
    物権_1-2
    物権_2-1
    物権_2-2
    物権_3-1
    物権_3-2
    物権_4-1
    物権_4-2
    物権_5-1
    物権_5-2
    物権_6-1
    物権_6-2
    物権_7-1
    物権_7-2
    物権_8-1
    物権_8-2
    物権_補充講義1混同
    物権_補充講義2登記の見方等
    物権_補充講義3二重譲渡の理論
    物権_補充講義4第177条第三者の客観的要件
    物権_補充講義5背信的悪意者排除論
    物権_補充講義6取消・解除と第三者
    物権_補充講義7取得時効と第三者
    物権_補充講義8中間省略登記等
    物権_補充講義9第192条占有取得要件
    物権_補充講義10第248条と第608条2項の関係
    物権_補充講義11建物区分所有権

講師紹介

京都大学法科大学院修了
平成26年度司法試験合格
司法修習修了(第68期)
弁護士(兵庫県弁護士会)

詳しく見る