民法条文マーキング講義

この講座を含むシリーズ

吉野勲『条文マーキングシリーズ』

条文の位置がわからないあなたへ

  • Google+でシェア
    0

オンラインクラスの概要

講義回数

12回

講義時間

12時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 民事系 - 民法

音声再生+音声ダウンロード付オンラインクラスの概要

ストリーミング再生+音声再生+音声ダウンロード付き講座です。
講義回数

12回

講義時間

12時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 民事系 - 民法

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

「演習中心の効率のよい勉強」という美辞麗句で、インプットという単調作業から逃げてませんか?

 よく"司法試験(あるいは予備試験)は理解が中心"という謳い文句があります。合格者インタビューでもよく聞く「魔法の言葉」です。

 理解が重要なことはもちろん当然です。しかし、その言葉を文字通り受け取り、本当に"理解だけすればよい"と勘違いしていませんか。
 

 「理解を中心とする」ことと「理解だけする」ことはまったく別物です。

 理解中心の勉強は、地道なインプット作業を前提としており、インプットされた重厚な知識の上に成り立っているのです。
 インプットという単調作業は理解するためには避けて通れない道です。合格者誰しもが通っている道です。「理解だけする」という美辞麗句で、この単調作業から逃げ、自ら合格から遠ざかるのはもう終わりにしましょう。
 

条文「文言」の意識付けを行う講座

 いわゆる条文素読というのは誰もがやるべきことですが、とにかく根気の要るひたすら苦しいだけの作業です。でもやらざるを得ない。そこで、講義形式にしてしまえば強制の契機になるし、一人で黙々とやるよりは楽であろうと考えました。
 

予備試験、司法試験共に条文対策の「メリハリの作法」

 試験ですから当然(試験対策上の)「重要条文」というものはあります。しかしここで注意しておきたい点があります。全条文1000条の法律があったとします。

 「重要条文」としてそのうち300条が指摘されたとしましょう。

 みなさん、どんな勉強しますか?

 

 重要条文と指摘された300条だけ読む派?もしそうだとしたらトンでもない間違いです。

 理想は、全条文に目を通すことです。それを前提に、メリハリを付けると言う意味で、重要条文を中心に重点的な学習を行う、というのが正解です。最初から300条しか読まないなんて単なるヤマ当てと変わりません。
 

 条文は一回読んでおくだけでも全然違います。例えば、このような制度・条文が「あるかのかないのか」、知っているだけでも非常に大きいです。論文などでも、実際には存在しない条文を「一生懸命捜す」と言うリスクを負わずに済みます。本番では六法を引けますが、文字通り条文を捜す時間なんてないですし、あっても時間が勿体無いです。

 

 本番では「正確な規定ぶりはなんだっけ」「あることは知っているが内容忘れたから確認しよう」程度だと思ったほうが無難です。そういう意味でも「あるのかないのか」ぐらいは判断できるようにしておきましょう。ですから全条文の通読は必須です。
 

試験に出るならこの文言

 この講座は文字通りの択一講座、しかも普段読み飛ばすような細かい部分、でも試験的には押えておくべき文言を総ざらいする講座です。

 

 講義は1条から順番にチェックしていき、講師が指摘する部分を持参した判例六法にマーキング、書き込みをしていくと言うものです。対比参照して覚えるべき条文同士のクロスリファレンス(条文の脇に書き込んでいく)も意識的に行います。
 

使用教材

 ご受講の際には六法をご用意ください。おすすめは判例六法です
 ※条文の解説に重点を置くため、判例や論点の解説は行いません。ご了承ください。

カリキュラム

  • オンラインクラス プランのカリキュラム

    講義時間: 12時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    民法条文マーキング講義

    1 (1条~117条)
    2 (118条~204条)
    3 (205条~310条)
    4 (311条~398条の6)
    5 (398条の7~465条の5)
    6 (466条~559条)
    7 (560条~631条)
    8 (632条~724条)
    9 (725条~817条)
    10 (817条の2~899条)
    11 (900条~1015条)
    12 (最終回)
  • 音声再生+音声ダウンロード付オンラインクラス プランのカリキュラム

    講義時間: 12時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    民法条文マーキング講義

    1 (1条~117条)
    2 (118条~204条)
    3 (205条~310条)
    4 (311条~398条の6)
    5 (398条の7~465条の5)
    6 (466条~559条)
    7 (560条~631条)
    8 (632条~724条)
    9 (725条~817条)
    10 (817条の2~899条)
    11 (900条~1015条)
    12 (最終回)

    吉野勲_民法条文マーキング講座[オプション]音声再生+音声ダウンロードPlus

    音声1 (1条~117条)
    音声2 (118条~204条)
    音声3 (205条~310条)
    音声4 (311条~398条の6)
    音声5 (398条の7~465条の5)
    音声6 (466条~559条)
    音声7 (560条~631条)
    音声8 (632条~724条)
    音声9 (725条~817条)
    音声10 (817条の2~899条)
    音声11 (900条~1015条)
    音声12 (完結)

講師紹介

明治大学法学部次席卒業
慶應義塾大学法科大学院既習コース首席合格
2008年低合格率の司法試験を突破後、伊藤塾で司法試験の受験指導を行う。論文問題等の制作に関与し、本試験問題予想を見事的中させ、合格率を上げた実績を持つ。自らの経験に基づいた等身大のカウンセリングが人気に。
ブログ 「吉野勲の司法試験道場For Big Step」
詳しく見る