司法試験・予備試験 対策するならBEXA

論文形式問題に対しての勉強法

今現在通信制の大学に8年在籍しているのですが、長期間在籍している理由が論文形式問題を苦手としているからです。在籍している大学の単位を取得するには、科目試験を受けなければなりません。だが、この試験の論文形式問題に苦手意識を持っています。この苦手意識を無くすにはどの様にすれば良いのかを教えて頂きたいと思います。
また、将来的には司法試験予備試験についても考えていますが、論文形式問題に対しての勉強法で何を基準として勉強を行えば良いのかについても教えて頂きたいと思います。
では、宜しくお願いします。
2017年8月14日
ステージで選ぶ - 学習方法
回答希望講師:加藤喬
回答:1   役に立った:0

ベストアンサー ファーストアンサー
加藤喬の回答

 私の経験に従って申し上げますと、私も元々は論文式試験が苦手でした。情報をまとめて文章化するということに慣れていなかったためです。
 大学3年から司法試験の勉強を始め、論文対策として、予備校テキストの記述をノートにまとめるという勉強方法をとってみたところ、この勉強方法を通じて、情報をまとめて文章として表現するという能力がどんどん身に付いて行き、大学3年後期以降の学内期末試験はほとんど最高評価を得ることができました。授業内容のうち、どこを書きとり、どこを記憶すればいいのかというポイントが、自然と分かるようになっていたのです。
 そこで、授業内容(使用書籍、配布レジュメ、出回っている授業ノートなど)を自分なりにまとめるという勉強方法をとってみては如何でしょうか。
 

2017年8月15日

匿名さん
加藤先生、アドバイス有難うございました。参考にさせて頂きます。早速、実践していきます。

2017年8月15日