司法試験・予備試験 対策するならBEXA

民事執行・保全法の勉強法

民事執行・保全法の論文試験が、合格ラインに辿り着く一歩手前で足踏み状態です。それが、他の科目も同じ状態です。
伊藤先生、教科書及びテキスト、そして、判例等を読み込む他にどの様な事を行なえば良いのかをご教示頂きたいと思います。
もう一つ、司法試験についてですが、予備試験とロースクール試験、どちらを受ければ良いのかを教えて頂きたいと思います。
2017年6月4日
ステージで選ぶ - 学習方法
回答希望講師:伊藤たける
回答:1   役に立った:1

ベストアンサー ファーストアンサー
伊藤たけるの回答

ご指名ありがとうございます。
どの資格試験のお話なのかがいまいちつかめなかったのですが、まずは薄い基本書をさっと読んだのち、基本的には過去問をひたすら解いてください。
教科書、テキスト、判例集というのは、問題集を解くにあたって、その解説で登場した段階で読めば足ります。
合格ラインにたどり着くためには、合格答案を読み込むことも重要です。
なぜ、そのような回答にたどり着いたのかの思考過程についてご自身で検討されるとともに、友人とゼミを組むこともよいでしょう。適切な指導を受けたいならば、大学のゼミや予備校の個別指導をご活用ください。ただし、自分で下調べまではしておくのが最低限のマナーです。
なお、独学で勉強ができるならば予備試験でも構いませんが、まずはロースクール入試にチャレンジして実力を試してみてもよいでしょう。ロースクール入試でそれなりの結果が残せないレベルなら、予備試験合格&夢のまた夢です。まずは予備試験やロースクール入試に何度もチャレンジしてみてください。
なお、正しい勉強法を学べるという意味では、ロースクールを活用することはとてもいい選択肢だと思います。

2017年6月5日

匿名さん
ご回答、有難うございました。是非、参考にします。
司法試験に関しての情報も参考にします。有難うございました。

2017年6月5日