刑法条文マーキング講義

この講座を含むシリーズ

吉野勲『条文マーキングシリーズ』

  • Google+でシェア
    0

オンラインクラスの概要

講義回数

12

講義時間

約6時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 刑事系 - 刑法
動画講義

オンラインクラス(音声ダウンロード付)の概要

講義回数

12

講義時間

約6時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 刑事系 - 刑法
音声ダウンロード 動画講義

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

司法試験・予備試験の刑法短答プロパー知識を短時間で読み上げ!

・刑法短答試験の実に3~4割の知識を確認できる!
・短期間で刑法短答の得点力アップが可能に!
・手薄になりがちな重要逐条部分を短時間で習得可能
・短答プロパーな罪状・構成要件をまとめて解説

 

刑法こそ条文知識で満点が取れる!

刑法短答満点者こそ刑法条文をしっかり習得している

 刑法は主要7科目の中で比較的イメージの付きやすい科目であり、多くの受験生が得意科目とする科目です。しかも、論文の範囲と短答の範囲も被る部分が多く、論文の勉強=短答の勉強にもなりやすい、比較的点数が取りやすい科目といえるでしょう。
 事実、毎年短答試験に限っては満点や一問間違いの点数をたたき出す強者も複数名います。彼らはなぜ満点を取ることができるのでしょうか。

 その1つの要因は刑法の条文をしっかりとカバーしているからです。
 刑法短答試験にも短答プロパーな問題が出題されますが、その多くが総論の逐条部分であったり、論文に出題されないマイナー罪状であったりします。ただし、実は刑法の条文は構造は分量は多くない上、構造さえ理解してしまえばすぐに暗記が可能な分野ばかりです。満点を取る強者はこれを知っており、若干の勉強時間をこれらに充ててるに過ぎないのです。

 本講義は吉野先生が、短答プロパー分野を総論・各論それぞれからピックアップし、短時間で効率的に条文の解説をする講義です。
 本講義を受講すれば、短時間で刑法短答試験の得点力をアップすることが可能になります!
 

刑法が得意だからこその落とし穴に注意

 「自分は刑法は得意だからそこまで短答対策しなくていいや」と考えている方、短答問題を解いていて「この分野は知らない」という経験があるのではないでしょうか。
 刑法の短答試験は司法試験・予備試験どちらも論文では出題されないような分野が出題されます。総論では1条からはじまる重要逐条部分、各論では短答プロパーな罪状・構成要件などがそれにあたります。これらの分野は問題全体の3割、多い時は4割にも上ります。
 刑法は得意だから短答試験をないがしろにしておくと、本番で足をすくわれかねません。

 本講義では、吉野先生が重要と考える逐条部分や罪状・構成要件を網羅的に解説するため、「この分野は知らない」をなくすことが可能になります。

 

本講義のプランについて

 本講義は動画ストリーミング再生のみの「オンラインクラス」と、動画ストリーミング+音声ファイルダウンロードの「オンラインクラス(音声ダウンロード付)」の2つがございます。

 効率性を最大限重視したため、お手持ちの六法・判例六法を元にご受講ください。レジュメやテキストは附属いたしません。

カリキュラム

  • オンラインクラス プランのカリキュラム

    講義時間: 約6時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    刑法条文マーキング講義(動画ストリーミング)

    第1回
    第2回
    第3回
    第4回
    第5回
    第6回
    第7回
    第8回
    第9回
    第10回
    第11回
    第12回
  • オンラインクラス(音声ダウンロード付) プランのカリキュラム

    講義時間: 約6時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    刑法条文マーキング講義(動画ストリーミング)

    第1回
    第2回
    第3回
    第4回
    第5回
    第6回
    第7回
    第8回
    第9回
    第10回
    第11回
    第12回

この講座を買った人はこの講座も買いました

刑事訴訟法で差をつけよう
安冨潔
¥24,900

講師紹介

明治大学法学部次席卒業
慶應義塾大学法科大学院既習コース首席合格
2008年低合格率の司法試験を突破後、伊藤塾で司法試験の受験指導を行う。論文問題等の制作に関与し、本試験問題予想を見事的中させ、合格率を上げた実績を持つ。自らの経験に基づいた等身大のカウンセリングが人気に。
ブログ 「吉野勲の司法試験道場For Big Step」
詳しく見る