予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

コスパ最強!短答過去問セレクト講義(民法)


コスパ最強!短答過去問セレクト講義(民法) の概要

コスパ最強!短答過去問セレクト講義(民法)
講師

豊田大将 

講義時間

約12時間20分

配信状況

全講義配信中

ランキング
24時間1 | 総合97

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

 

「危ない肢」シリーズ

本講座は、「コスパ最強!短答過去問セレクト講座~合否を分けた危ない肢~」シリーズの刑法になります。

本シリーズ詳細については、こちら

  民法の特徴

1. 出題範囲が広い民法の短答過去問を12時間で網羅

令和3年度司法試験の短答式試験では、民法は37問出題されました(憲法・刑法はそれぞれ20問)。
出題範囲が広く、出題される問題数も多い民法の短答対策は時間がかかりがちです。


また、学習範囲を広げすぎてしまうと、大量の知識を詰め込む必要が生じてしまい、予備試験・司法試験受験においてリスクになります。

そこで、本講義では、伊藤たけるが考案した基準により「合否を分けた危ない問題(※)」をセレクト!

さらに、豊田大将が正誤を分ける重要な肢を絞り込み、条文にひきつけて必要な知識をピンポイントで解説!

予備試験・司法試験の民法短答式をスピーディーかつ網羅的に攻略します。

<セレクト基準>

①正答率要件:正答率が以下の要件を満たすもの

 ㋐全体正答率が50%以上80%未満であること

 ㋑合格者(又は上位30%)と不合格者(又は下位30%)の正答率の差が15%以上あること

 ㋒不合格者(又は下位30%)の正答率が50%〜60%未満

 ※予備試験・司法試験共通問題の場合、一方のみで正答率要件を満たす場合には掲載をしています。

 ②分野重複要件:同一知識の問題が複数ある場合、年度が新しいものを1つ選択

 

 ※以上に関わらず、講師が裁量により学習効果が高いものを選ぶ場合があります。)

 

2. 3つの特徴

1.合否を分けた問題をセレクト(※)して攻略するから、12時間で出題範囲の広い予備試験・司法試験の民法短答式試験対策ができる!

 

2.豊田大将が一肢一肢を条文と判例の射程にひきつけて丁寧に整理しながら解説! 独学でなんとなく流してしまう知識もきちんと身につく! 短答試験での思考プロセスがわかる!

 

3.正誤を分ける最後の2択を重点的に解説しているので、短答式試験攻略に必要な知識がスピーディーに身につき、2択で迷ったときの選択肢の切り方も分かる!

 

3. 講座概要

 講義時間

         講義形式

 対象者

約12時間00分
(20分×37動画)

   パワポ+動画  

初心者から上級者の直前期早回しまで

 

4 豊田大将からのメッセージ

予備試験・司法試験の民法の短答式試験では、他の科目に比べると素直な問題が出題されます。一方で、出題範囲は全科目で一番広く、出題数も一番多い科目でもあります。
このため、条文と判例を意識していかにスピーディーに処理していくかが重要となります。

 

必要な知識をしっかり身につけていけば、自然に点数はついてきます。

実際に、問題を解きながら、必要な条文・判例知識を身につけて、

来年の予備試験・司法試験の短答を盤石にしましょう。

 

 
講師プロフィール:豊田大将

<経歴>
平成24年3月 奈良県立高田高等学校 卒業
平成28年3月 関西大学法学部 卒業
平成31年3月 神戸大学法科大学院(未修者コース) 卒業
令和3年1月 司法試験(2回目、倒産法選択) 合格

<勉強スタイル>
LS在学中はLSの予復習が中心。
ただ、合格できた年は司法試験の過去問をはじめ問題演習を何度も繰り返し、過去問で出題された論点について理解を深めることに徹した。
その成果もあり、1回目受験でE評価だった刑訴(E→A評価)と行政法(E→B評価)を中心に論文試験で得点を大きく伸ばし2回目受験で合格を掴み取った

 

 

講座内容

第1章 民法総則
第2章 物権総論
第3章 担保物権
第4章 債権総論
​​第5章 債権各論
第6章 親族
第7章 相続

本講義は動画でのストリーミング配信になります。

テキストについてはPDFのレジュメを使用します。(テキスト配送についてはございません。)

 

 

講師インタビュー

担当講師である豊田大将に本講義の特徴等をインタビューしました。

Q1 予備試験・司法試験の民法が苦手な受験生がつまづくポイントは何でしょうか?

受験生時代、私自身、予備短答対策の民法はしっかりやったつもりでも、いざ、本番になると時間が足りないという経験をしました。

合格してから気付いたのは、当時の自分には条文の知識が足りなかったということです。

これから、予備試験・司法試験にチャレンジする皆さんには、本講座を通じて、条文を意識して必要な知識をスピーディーに出力する思考プロセスを身に着けていただきたいと思います。

 

Q2 民法の短答式試験で他の受験生と差をつけるために最も重要だと思うことはなんですか

テキストにのっているような基本的な問題を解ければ十分、上位にいけます。

短答学習では、正解数を増やすために学習範囲を広げてしまいがちですが、「まずここだけやる」ポイントを抑えることが重要です。
本講座では、「まずここだけ」ポイントも意識して指示していますので、是非一度聞いてみてください。

 

Q3 この講座だけの強み、他の同種講座との違いはどんな点ですか。

短答問題をスピーディーかつ正確に処理するための、知識・ノウハウを詰め込みました。
とにかく範囲の広い民法の短答対策には最適な講座になっていると思います。

 

カリキュラム

  • コスパ最強!短答過去問セレクト講義(民法) プランのカリキュラム

    講義時間: 約12時間20分
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    コスパ最強!短答過去問セレクト講義(民法)

    第1回
    第2回
    第3回
    第4回
    第5回
    第6回
    第7回
    第8回
    第9回
    第10回
    第11回
    第12回
    第13回
    第14回
    第15回
    第16回
    第17回
    第18回
    第19回
    第20回
    第21回
    第22回
    第23回
    第24回
    第25回
    第26回
    第27回
    第28回
    第29回
    第30回
    第31回
    第32回
    第33回
    第34回
    第35回
    第36回
    第37回

この講座のおすすめコメント

この講座の評価

0
 - / 5.0 0件のコメント

おすすめコメントはありません。

講座に悩んだら

2022年11月11日 豊田大将

豊田大将ウィークエンド

豊田大将ウィークエンド

講師紹介

偏差値55の公立高校→関西大学法学部→神戸LS→2回目で司法試験合格
合格後は、LSの後輩を中心とした個別指導や講座配信を行っている。
自身の受験経験をベースに、リベンジ組受験生が抱えている課題や悩みを解消する指導に定評がある。
詳しく見る