[2015]主張反論で解く旧司法試験(憲法)

憲法の書き方に確信を持てない方へ

  • Google+でシェア
    0

体験動画・資料

ガイダンス動画 1
https://drive.google.com/file/d/0B4DUKQCg7GTXdGYyMDhfaThQX2s/preview">
ガイダンス動画

オンラインクラスの概要

簡易添削はありません。
講義回数

6

講義時間

約6時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
 科目で選ぶ - 公法系 - 憲法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 学習方法
 対策で選ぶ - ステージで選ぶ - 弱点補強
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 過去問対策
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 判例対策
 対策で選ぶ - カテゴリで選ぶ - 論文対策

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

※本講義は、2015年度に収録・配信されました「憲法・論文特訓ゼミ(旧司法試験編)」をリネームした講義になります。
内容等に変更はございませんので、すでにご購入いただいている受講者様はご注意ください。


このオンライン講義では、旧司法試験を題材に、判例を用いた「書き方」を徹底指導!モニター受験生の答案を添削するほか、なんと!伊藤たける先生の答案例付き!主張反論型なので、LS入試、予備試験や司法試験対策にはうってつけです!
 

 1 「判例」を使った主張方法を知りたい!

 憲法の論文式は、どう書けばいいんだろう?
 論証集や予備校本では評価されないらしい。
 判例を効果的に学ぶためにはどうすればいいんだろう?
 そんなお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?
 

 2 題材は旧司法試験だけ!

 BEXAでは、伊藤たける先生による憲法の論文式の「書き方」を中心に扱う講義を企画しました。
 伊藤たける先生は、これまで、受験新報2014年10月号、同12月号~2015年3月号までの間、憲法の連載をしておられました。
 この講義では、これらの連載を踏まえて、より実践的な「書き方」について、旧司法試験の憲法第1問(人権)を題材にした事例問題を解きます。
 これらの問題を通じて、判例に対する理解や、実際の答案の「書き方」について、丁寧に指導いたします。

 

 3 モニター受験生の答案を添削

 講義では、実際のモニター受講生が作成した旧来的な予備校答案を題材に、そのような答案のどこが、なぜダメなのかについて、理由を付して説明いたします。
 これにより、司法試験や予備試験、法科大学院入試で求められる「個別的・具体的検討」ができるようになるはずです。
 対象は、主に学部3~4年生ですが、学習に不安のある法科大学院生の方にも、必ず役に立つはずです。

 4 伊藤たける先生の主張反論型の答案例付き!

 この講義では、扱う問題すべてに伊藤たける先生の答案例がついてきます!
 問題は旧司法試験ですが、主張反論型にアレンジされているので、予備試験や司法試験対策にはうってつけです!

 

 配信テーマ

  配信予定日 テーマ
第1回・第2回 配信中! 表現の自由、思想・良心の自由
第3回・第4回 配信中! 信教の自由、政教分離、職業の自由
第5回・第6回 配信中! 平等原則、財産権

 

 3 価格

 オンラインクラス
 全6回 1万9800円(税込)
 定員 なし

 第1回を無料体験!​

第1回_問題文
※必ず問題を解いて答案を作成してから講義を受講してください!

第1回_テキスト
第1回_受講生の答案例
第1回_答案例

※テキスト等をダウンロードするためにはログインが必要です。
アカウントをお持ちでない方は無料ユーザー登録して頂くとダウンロード可能になります。
無料ユーザー登録


カリキュラム

  • オンラインクラス プランのカリキュラム

    講義時間: 約6時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    伊藤たける「主張反論型で解く旧司法試験憲法論文講座」

    第1回 表現の自由(平成3年旧司法試験第1問)
    第2回 思想・良心の自由(平成20年旧司法試験第1問)
    第3回 政教分離(平成4年旧司法試験第1問)
    第4回 職業の自由(平成17年旧司法試験第1問)
    第5回 平等原則(平成15年旧司法試験第1問)
    第6回 財産権(旧司法試験平成6年第1問)

この講座を買った人はこの講座も買いました

民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥14,800

講師紹介

弁護士(富山県弁護士会)・関西大学法科大学院非常勤講師、慶大院修了・法務博士(専門職)。
季刊刑事弁護第14回新人賞・最優秀賞
1986年10月2日生まれ。
NHK教育テレビ「真剣10代しゃべり場」への出演をきっかけに憲法と出会う。
司法試験合格後は、弁護士業務のほか、インターネットを中心に法学教育を行い、東洋経済オンラインにインタビューが掲載されるなど、活動の場を広げている。
詳しく見る