「事例研究行政法」を使った講座が受けられる!条文や過去問に特化した学習が可能!あなただけの行政法対策に応えます

2017年10月22日  

試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
科目で選ぶ - 公法系 - 行政法

自分だけの合格ルートは、BEXAで見つけた!あなたにあった行政法対策

 司法試験合格者の4人に1人がBEXAを利用!

 なぜ、BEXA利用者が合格していくのか?それはBEXAがご受講者様のレベルに合った講座を選べる『講座単位受講』を採用しているからです。

 BEXAの大きな特徴の1つは、各講座のパックやコースでのご受講ではない講座単位でのご受講にあります。講座単位で選べるためご自身の学習状況、学習段階に合った講義を補完いただくことが可能です。状況や段階に合った講義を補完できるため、1から学習すること、弱点を補強することもできます。ご自身に合った講座を選び、より効率的な合格ルートを見つけてください!
 

BEXAで行政法対策をしよう!

 BEXAでは公法系科目の講座も充実しています。『憲法』では伊藤たける先生等の講座を自信を持って提供させていただいておりますが、確実に点数を取るためには『行政法』の強化が必須です。BEXAでは、論文対策用の講座から条文知識や判例知識特化などの短答試験の強化までラインナップが充実しています。

民事訴訟法関連記事はこちら
 

司法試験行政法過去問を分析されたい方

清水啓示「行政法過去問講座~個別法解釈の作法~」
条文解釈のトレーニングと行政法過去問分析の両方が一気にできる講座!

問題文の読み方を理解し、条文の読み方が理解できる段階的学習が可能に!

 




 

 行政法の論文式試験の大きな特徴は「初めて見る法律や規則などの条文を解釈しなければならない」という点です。行政法では問題に掲げられている条文を多く引用すれば、その分点数が入ると言われていますから、多くの条文を答案上適示することが合格のために必要になってきます。
 多くの条文を答案上適示するためには、それに特化したトレーニングが必要になります。行政法過去問から、事案・誘導・条文の3つの関連性を視覚的に学ぶことがトレーニングとしては有益です。
 BEXAでは行政法の平成23年から平成28年までの司法試験問題を使った過去問解説+条文解釈トレーニング講座『行政法過去問講座~個別法解釈の作法~』をご用意しております。講師は平成27年予備試験、平成28年司法試験の行政法が共にA評価の清水啓示先生です。
 同講座では、まず問題文の事例をどのように読めば良いのかをマーカーで解説、次に弁護士事務所の会議録から誘導に該当する部分もマーカーで炙り出します。その上で、法律・規則に照らして必要な条文をつなぐ解説をします。会議録を含めた問題文の読み方がわかり、次にそれを踏まえた条文のつなぎ方がわかるという段階的な理解が可能です。行政法過去問分析と条文解釈のトレーニングの両方が一気に叶う講座です!

 

行政法の条文を読み込みたい方(特に予備試験受験予定者向け)

吉野勲「行政法条文マーキング講義」

 

 

 

 

 行政法は司法試験では論文式試験のみでの出題ですが、予備試験では短答式試験・論文式試験の両方で出題されます。予備試験短答式試験では条文知識を問う問題も出題されるため、条文を読み込むことが試験対策には有益です。
 しかし、行政法の条文問題は「行政手続法」「行政法不服審査法」「行政法事件訴訟法」などの複数の法律にまたがっており、しかも各法律は関連事項があったり、はたまた似たような概念があったりとかなり混乱の元になっています。
 BEXAでは、行政法の条文を解説していく「行政法条文マーキング講義」をご用意しております。
 「行政法条文マーキング講義」は、伊藤塾での受験指導で人気を博した吉野勲先生が、六法を用いて行政法の重要条文を解説する講座です。各法律特有の解説だけでなく、混乱の元になる関連事項や類似概念の違いなどを適格に解説しているため、効率的な短答式試験対策が可能になります。

 

判例学習をされたい方

「判例百選に学ぶ規範とあてはめ」

 

 


 

 近年の行政法の論文試験では、判例の考え方や事案との違いを解答させる問題が出題されます。そのため、『判例を理解し、答案化する』ということが必須になります。また、予備試験短答試験でも判例問題は頻出であるため、少なくとも判例百選レベルの判例は抑えておきたいところです。
 BEXAでは、行政法判例百選ⅠⅡを解説する「判例百選に学ぶ規範とあてはめ」をご用意しております。行政法判例百選の網羅性を維持しつつ、重要部分を重点的に解説している講義で、効率的に百選掲載判例を学習することができます。

 

予備試験過去問を分析されたい方

「予備試験過去問論文攻略パック」

 

 

 

 

 予備試験過去問を分析されたい方にオススメの講座です。
 「予備試験過去問論文攻略パック」行政法は、清水先生による丁寧な分析が好評です。行政法の特徴である問題文・条文の関連性を書画カメラを使用して解説します。答案例付きで予備試験の分析を完璧なものにしましょう。

 

もっと演習をしたい方

大林尚人「事例研究行政法の理論と解法」

 




 

 行政法の定番の演習書『事例研究行政法』は長年行政法受験生必携の演習書になっています。典型的な訴訟要件の問題から本案要件の解釈問題まで網羅されている良書です。しかし、解説は付いているものの答案までは付いていません。また、行政法の基本概念など試験本番では必ず点数が振られているであろう箇所も、同書は紙面の関係上割愛されている場合があります。
 大林尚人先生「事例研究行政法の理論と解法」は、試験範囲を超える第3部以外の問題について答案を元に基本概念を解説する講座です。大林先生は平成28年予備試験・平成29年司法試験に合格している直近合格者であるため、受験生目線での答案作成、解説を丁寧に行われています。
 もっと演習をしたいという方にオススメの講座です。

 

役に立った:0

  • Google+でシェア
    0

役に立った お気に入りに登録

関連講座

条文解釈を読むポイント
¥21,000
行間と乖離を埋める理論と実践
¥18,600
約2時間で行政法答案の作法習得
¥5,000
百選で,短答式だけでなく論文式も!
¥6,800
予備試験7科目の過去問を完全網羅
¥5,000

BEXAニュース

司法試験・予備試験情報