予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA
民法論パタ2-2-3問(2) 137条1号の類推(又は趣旨の適用)によってBが残代金債務の期限の利益を主張することは許されない(Aは295条や533条を主張できる)、という論理展開は加点になりますか。
1 0
リンクをコピー
0 0
ログインしてコメントを投稿しよう。 ログイン
0