行政法 処分の違法事由てしての平等原則

多くの行政法の演習書にある通り、処分の違法事由てして平等原則違反が問題になる場合がおると思います。
しかし、具体的にどのように論じれば良いのか、特に規範をどのようにたてれば良いのかわかりません。
よろしければ、ご教授ください。
未設定さん
2015年9月12日
公法系 - 行政法
回答希望講師:伊藤たける
回答:1   役に立った:0

ベストアンサー ファーストアンサー
伊藤たけるの回答

平等原則などのような、法の一般原則を使うべきなのは、処分要件を満たすか否かという議論や、裁量権を法の趣旨目的で拘束しても勝てないような例外的な場合です。

そのため、まずは、法の一般原則に頼る前に、処分要件の解釈や、裁量権を法の趣旨目的で拘束する手法での違法性を論じるべきです。

それでも勝てないとき、例外的に平等原則が出番となりますが、規範は単に合理的な理由なくして不平等取り扱いをすることはできない、と簡単に指摘すれば足りるでしょう。

2015年9月24日