倒産法平成19年第1問について

過去問の起案中、設問2小問(2)で戦略的異議の論点だと思ったのですが、出題の趣旨ではありませんでした。なぜ問題とならないのでしょうか。
2017年1月16日
選択科目 - 倒産法
回答希望講師:田澤康二
回答:1   役に立った:3

ベストアンサー ファーストアンサー
田澤康二の回答

問われていることにこたえることが一番です。戦略的異議は,管財人からのアプローチであることは共通していますね。しかし,代表訴訟提起時の管財人の対応が問われているのです。なら,これにこたえなければならない。代表訴訟提起の局面を思い浮かべてみてください。

2017年1月17日