司法試験・予備試験 対策するならBEXA

不作為犯における因果関係の論証について

不作為犯における因果関係の論証は、従来通りの条件関係をもとに、結果回避可能性から絞りをかける論証と三菱自動車脱輪事件のような危険の現実化の論証のどちらにすべきでしょうか?
未設定さん
2015年4月24日
刑事系 - 刑法
回答希望講師:伊藤たける
回答:1   役に立った:4

ベストアンサー ファーストアンサー
内藤慎太郎の回答

司法試験において求められるのは「自説の展開」とあてはめですので(H26採点実感刑法)、主要な学説あるいは判例ベースで筋が通っていればお好きな見解をとってかまいません。
特に刑法の自説に関しては判例と異なる見解の方が書きやすかったり論理的であることも少なくないので他の論点でも判例に固執する必要はあまりありません。

2015年4月26日


未設定さん
ご丁寧な返答本当にありがとうございます。

自説を決めてぶれないよう論じることに終始します。

2015年5月4日