平成2年旧司法試験刑事訴訟法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 捜査 - 被疑者の身体拘束 - 逮捕・勾留に関する諸問題 - 一罪一逮捕一勾留の原則

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、複数の賭博行為により逮捕・勾留され、常習賭博罪で起訴されたが、公判係属中に保釈された。  甲について、右と常習一罪の関係に立つ別の賭博行為がのちに判明したとき、甲をあらためて逮捕・勾留できるか。