司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成4年旧司法試験刑事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 証拠 - 自白 - 自白の証拠能力 - 偽計による自白

問題文すべてを印刷する印刷する

 殺人事件の被疑者として勾留中の甲は、司法警察職員乙から取調べを受けた際、犯行を否認し、「犯行当日は、妻と一緒に旅行していた。」と供述した。これに対し、乙は、妻に確認することなく、甲に「妻は旅行していないと言っている。」と告げた。その結果、甲は、犯行を自白し、犯行に使用したナイフの隠匿場所も供述した。右自白及びナイフの証拠能力について論ぜよ。