平成7年旧司法試験刑事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 証拠 - 証拠法総論 - 証拠裁判主義 - 証拠裁判主義の意義
刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 証拠 - 証拠法総論 - 証拠裁判主義 - 厳格な証明と自由な証明
刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 証拠 - 証拠法総論 - 自由心証主義

問題文すべてを印刷する印刷する

 被告人が公訴事実について一切黙秘し、なんらの主張立証もしない場合、これを有罪認定のための一証拠とすることが許されるか。また、量刑資料として考慮することはどうか。