平成4年旧司法試験刑法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑法 - 刑法総論 - 総則 - 犯罪の積極的成立要件 - 因果関係
刑法 - 刑法総論 - 総則 - 共犯 - 共同正犯
刑法 - 刑法総論 - 総則 - 共犯 - 教唆犯・幇助犯

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、乙に、Aを殺害すれば100万円の報酬を与えると約束した。そこで、乙がAを殺そうとして日本刀で切りつけたところ、Aは、身をかわしたため、通常であれば二週間で直る程度の創傷を負うにとどまったが、血友病であったため、出血が止まらず、死亡するに至った。甲は、Aが血友病であることを知っていたが、乙は知らなかった。
 甲及び乙の罪責について、自説を述べ、併せて反対説を批判せよ。