司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成6年旧司法試験刑法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑法 - 刑法各論 - 各則(個人的法益に対する罪) - 財産に対する罪 - 強盗罪
刑法 - 刑法各論 - 各則(個人的法益に対する罪) - 財産に対する罪 - 詐欺罪

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、無賃乗車をしようと決意し、乙が運転するタクシーを停車させ、乗車後、乙に対し、A地点までの運転を依頼したので、乙はタクシーを発車させた。同地点の1キロメートルを手前に来た時、甲は、逃走するため、「ちょっと電話をかけたい。」といって、停車を指示したので乙はこれに従って停車した。甲は、タクシーから降りて付近の電話ボックスの方に向かったが、挙動に不審を持った乙が追いかけてきたので、運賃の支払を免れるため、乙を殴り倒して気絶させた。甲は、更に売上金を奪おうと考え、タクシーの中から5万円を持ち出して逃走した。
 甲の罪責を論ぜよ。