予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成6年旧司法試験刑法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

違法性阻却事由 - 正当防衛

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、対立抗争中の暴力団の組員に襲われた場合に備えて、護身用に登山ナイフを身に付けていたところ、ある日、薄暗い夜道を帰宅途中、乙が、いきなり背後から前に回りこんできて、右手を振り上げて立ちふさがったので、組員が殴りかかってくるものと思い込んで危険を感じるとともに逆上し、殺意を持って登山ナイフで乙の腹部を一回突き刺し、全治3ヶ月の傷害を負わせた。なお、乙は、甲を友人の丙と勘違いし、丙を驚かせるつもりで甲の前に立ちふさがったものである。
 甲について、殺人未遂罪の成否を論ぜよ。