司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成9年旧司法試験刑法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑法 - 刑法各論 - 各則(個人的法益に対する罪) - 生命・身体に対する罪 - 殺人罪
刑法 - 刑法各論 - 各則(国家的法益に対する罪) - 国家の作用に対する罪 - 司法作用に対する罪

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、たまたま居合わせた妻乙の面前で、隠し持っていたけんじゅうを用いてAを射殺した。甲は、殺人罪の訴追及び処罰を免れる目的で、実弟である丙に対し、犯行に使ったけん銃を手渡し、身代わりとなるように依頼して警察に出頭させた。一方乙は、警察から参考人として事情を聞かれた際に、「確かに丙がけん銃を発射しAを殺害したところを見ていました。」と供述した。
 甲及び乙の罪責を論ぜよ(特別法違反の点を除く。)。