予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成9年旧司法試験刑法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

違法性阻却事由 - 正当防衛
共犯 - 共犯の諸問題

問題文すべてを印刷する印刷する

 学生の甲と乙が深夜繁華街を歩いていたところ、一見してやくざ風のAが、甲に因縁をつけ、甲の胸ぐらをつかんで付近の路地に引っ張り込み、ナイフを甲に突き付けた。甲と乙は、身の危険を感じ、こもごもAの顔面を殴って路上に転倒させ、ナイフを奪い、これを遠くに投げ捨てた。甲はその場から逃げようとしたが、乙は、Aが転倒したまま「待ちやがれ。」と怒鳴って右手で上着のポケットを探っているのを見て、Aがまた刃物を取り出そうとしているものと勘違いし、Aの腹部を数回力まかせに蹴りつけた。その間、甲は、乙の制止することなく、黙って見ていた。Aは、乙の暴行により、すい臓破裂の傷害を負って死亡した。
 甲及び乙の罪責を論ぜよ。