予備・司法試験
建築士試験 公務員試験
司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成10年旧司法試験刑法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

共犯 - 総説
生命・身体に対する罪 - 殺人罪

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、愛人と一緒になるために、病気で自宅療養中の夫Aを、病気を苦にした首つり自殺を装って殺害する計画を立てた。そこで、甲は、まずAに睡眠薬を飲ませ熟睡させることとし、Aが服用する薬を睡眠薬とひそかにすり替え、自宅で日中Aの身の回りの世話の補助を頼んでいる乙に対し、Aに渡して帰宅するよう指示した。睡眠薬の常用者である乙は、それが睡眠薬であることを見破り、平素の甲の言動から、その意図を察知したが、Aの乙に対する日ごろのひどい扱いに深い恨みを抱いていたため、これに便乗してAの殺害を図り、睡眠薬を増量してAに渡した。Aは、これを服用し、その病状とあいまって死亡した。Aが服用した睡眠薬は、通常は人を死亡させるには至らない量だった。
 甲及び乙の罪責を論ぜよ。