司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成2年旧司法試験民事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 訴え - 訴えの提起の方式とその効果 - 訴え提起の方式

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、その所有するA建物を乙が不法に占有していると主張して、乙に対し、A建物の明渡しを求める訴えを提起した。これに対し、乙は、A建物は既に取り壊されており、現在ある建物はその跡地に新築されたB建物であり、その所有権は乙にあると主張した。そこで、甲としては、仮に乙の主張が正しいとすれば、B建物の敷地であるC土地の所有権に基づいて、乙に対し、B建物を収去してC土地を明け渡すことを求めようと考えている。甲は、どのような手続をとることができるか。