司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成3年旧司法試験民事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 訴訟の終了 - 裁判 - 判決の総論
民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 複雑訴訟 - 多数当事者訴訟 - 訴訟告知
民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 複雑訴訟 - 多数当事者訴訟 - 訴訟承継 - 参加承継・引受承継

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、乙に対して500万円を貸し付けたとし、乙を被告としてその支払を求める訴えを提起した。乙は、甲の請求を争っていたところ、訴訟の係属中に丙にこの債権を譲渡した旨の通知が甲から乙にされた。
1 乙が丙をこの訴訟に引き込みたいと考えた場合、乙はどのような方法をとることができるか。
2 丙がこの訴訟に引き込まれた場合、丙はどのような訴訟上の地位に立つか。
3 丙がこの訴訟に引き込まれた後に、甲丙間の債権譲渡の事実が存在しないと判断される場合には、裁判所はどのような裁判をすべきか。