司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成4年旧司法試験民事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 訴訟の終了 - 裁判 - 判決の総論
民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 複雑訴訟 - 多数当事者訴訟 - 独立当事者参加

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、乙に対し、すでに弁済期の到来している1000万円の貸金債権を有していると主張している。乙は、丙に対し、1000万円の売買代金債権を有しており、乙は、この債権以外には、みるべき資産を有しない。甲は、乙に代位し、丙を被告として乙の丙に対する売買代金債権の支払を求める訴えを提起した。
1 審理の結果、甲の乙に対する債権の成立が認められない場合、裁判所は、どのような判決をすべきか。
2 1の判決は、確定した場合、どのような効力を有するか。
3 乙は、甲の右の貸金債権を成立を争い、かつ、丙に対し、右の売買代金債権の支払を自ら請求したいと考えた場合、甲丙間の訴訟に当事者として参加することができるか。