司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成11年旧司法試験民事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 訴訟の審理 - 主張・証拠 - 主張責任

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は,乙に対し、不法行為に基づく損害賠償の一部請求として1000万円の支払を求める訴えを提起した。審理の結果、乙に不法行為が成立すること及びこれによって甲が被った損害は1500万円であることが認められるとともに、当該不法行為については甲にも過失があり、過失割合は,甲が4割、乙が6割であることも認められた。次の事情がある場合、裁判所は、どのような判決をすべきか。
一 乙は、乙の行為と甲の損害との間に相当因果関係がないとの主張の中で,甲の行為が損害の発生につながったとの事実を主張していたが,過失相殺をすべきであるとの主張はしていなかった。
二 乙は,甲の過失に関するいかなる主張もしていなかった。