司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成13年旧司法試験民事訴訟法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 訴訟の審理 - 主張・証拠 - 裁判上の自白
民事訴訟法 - 民事訴訟法 - 複雑訴訟 - 多数当事者訴訟 - 補助参加

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は、乙に対し、自己の所有するA土地について偽造書類によって甲から乙に所有権移転登記がされているとして、甲から乙への所有権移転登記の抹消及びA土地の所有権確認を求めて訴えを提起した。
1 乙の債権者である丙は、甲乙間の訴訟に補助参加することができるか。
2 甲乙間の訴訟の係属前にA土地を乙から買い受けたと主張する丁が甲乙間の訴訟に参加した。この場合に、丁は、それまでの訴訟の中で乙が自白した事実を争うことができるか。