司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成元年度旧司法試験民法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 債権総則 - 多数当事者の債権債務関係 - 保証債務

問題文すべてを印刷する印刷する

 Aは、Bに対し、売主をC、買主をBとする売買契約に基づくCの目的物引渡債務を保証する事を約し、Bは、売買代金を前払いした。ところが、履行期が到来したにもかかわらず、Cは、目的物を引き渡さない。
(一)
(1) Bは、Aに対し、どのような請求をすることができるか。
(2) Aが死亡し、D及びEが相続をした場合には、Bは、D及びEに対し、どのような請求をすることができるか。
(二) BがCの債務不履行を理由として売買契約を解除した場合には、Bは、Aに対し、どのような請求をすることができるか。