司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成3年度旧司法試験民法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 債権総則 - 多数当事者の債権債務関係 - 連帯債務

問題文すべてを印刷する印刷する

 A、B及びCは、共同してD所有のリゾートマンションの一室を代金1500万円で買い受けた。A・B・Cの間では、売買代金を各自500万円ずつ負担するとの約束があった。
(1) 約定の日に、B及びCは、それぞれ代金として500万円を持参し、Dはこれを受領したが、Aは、代金を持参せず、その後も支払おうとしない。この場合、Dの採りうる法律上の手段について述べよ。
(2) A、B及びCは、マンションを買い受けた後、これを交代で利用していたが、A及びBは、Cに無断で、マンションをEに賃貸し、Eがこれを使用している。この場合、Cの採りうる法律上の手段について述べよ。