司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成4年度旧司法試験民法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 物権 - 非典型担保

問題文すべてを印刷する印刷する

 Aは、Bに対して負う貸金債務を担保するため、自己所有の建物をBに譲渡して所有権移転登記をしたが、引き続き建物を占有していた。ところが、Aが期限に債務を弁済しなかったので、BはAに対し、建物の評価額から被担保債権額を控除した残額を提供し、建物の明渡しを求めたが、Aはこれに応じなかった。その後、AはBに対し、債務の弁済の提供をした上、建物をCに賃貸した。Cは、Aを建物所有者と信じて、長期間にわたりAに賃料を支払ってきたが、この間に、建物はBからDに譲渡され、その旨の登記がされた。
 この場合における建物をめぐるAD間、CD間の法律関係について述べよ。