司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成6年度旧司法試験民法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 民法総則 - 法律行為 - 意思表示 - 通謀虚偽表示
民法 - 物権 - 総則 - 物権変動 - 不動産物権変動

問題文すべてを印刷する印刷する

 Aは、債権者からの差押えを免れるため、Bと通謀の上、売買を仮装して、その所有する建物及びその敷地(以下、これらを総称するときは「本件不動産」という。)の登記名義をBに移転するとともに、本件不動産を引き渡した。その後、Aは、右の事情を知っているCとの間で、本件不動産につき売買契約を締結し、代金の支払を受けたが、その直前に、Bが、Dに本件不動産を売却し、引き渡していた。Dは、AB間の右事情を知らず、かつ、知らないことにつき過失がなかった。ところが、右建物は、Cの買受け後に、第三者の放火により焼失してしまった。なお、その敷地についての登記名義は、いまだBにある。
 以上の事案において、本件不動産をめぐるCD間の法律関係について論じた上、CがA及びBに対してどのような請求をすることができるか説明せよ。