司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成7年度旧司法試験民法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 債権各則(2)-法定債権関係 - 不当利得 - 不法行為 - 総論

問題文すべてを印刷する印刷する

 A社団法人の事務・事業をその理事Bが行うにつき、Bの過失によりCが損害を被った場合において、責任の性質を踏まえながら、AのCに対する不法行為責任、BのCに対する不法行為責任、AがCに損害を賠償した場合におけるAのBに対する求償の可否・範囲について、Bが被用者である場合と対比して論ぜよ。