司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成8年度旧司法試験民法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 物権 - 抵当権 - 抵当権の効力等

問題文すべてを印刷する印刷する

 Aは、Bに対する債務を担保するため、自己取有の甲建物に抵当権を設定し、その旨の登記を経由した。その後、Aは、Cに甲建物を売却したが、Cへの所有権移転登記を経由する前に、Dの放火により甲建物が全焼した。
 この場合に、A、B及びCは、それぞれDに対して損害賠償を請求することができるか。
 AがDに対して損害賠償を請求することができるとした場合、AのDに対する損害賠償請求権又はDがAに支払った損害賠償をめぐるB及びCの法律関係はどうなるか。