司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成9年度旧司法試験民法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 物権 - 抵当権 - 抵当権の効力等

問題文すべてを印刷する印刷する

 Aは、その所有する甲土地にBのために抵当権を設定して、その旨の登記をした後、Cに対し、甲土地を建物所有目的で期間を30年と定めて賃貸した。Cは、甲土地上に乙建物を建築し、乙建物にDのために抵当権を設定して、その旨の登記をした。その後、Cは、甲土地上の庭先に自家用車のカーポート(屋根とその支柱だけからなり、コンクリートで土地に固定された駐車設備)を設置した。
 右の事案について、次の問いに答えよ(なお、各問は、独立した問いである)。
一 Bの抵当権が実行され、Eが競落した場合、乙建物及びカーポートをめぐるEC間の法律関係について論ぜよ。
二 Dの抵当権が実行され、Fが競落した場合、乙建物及びカーポートをめぐるFA間の法律関係について論ぜよ。