司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成13年度旧司法試験民法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

民法 - 債権各則(1)-契約 - 売買 - 売買の効力
民法 - 債権各則(1)-契約 - 賃貸借 - 民法上の原則

問題文すべてを印刷する印刷する

 Aは、Bに対し、自己所有の甲建物を売却して引き渡し、Bは、Cに対し、甲建物を、使用目的は飲食店経営、賃料月額50万円、期間3年、給配水管の取替え工事はCの負担で行うとの約定で賃貸して引き渡した。Cが300万円をかけて甲建物の給配水管の取替え工事をした直後、Aは、Dに対し、甲建物を売却して所有権移転の登記をした。
 この事案において、DがAからBへの甲建物の売却の事実を知らなかったものとして、DがCに対してどのような請求をすることができ、これに対し、Cがどのような反論をすることができるかについて論じた上で、BC間の法律関係についても論ぜよ。