司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成4年度旧司法試験憲法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

憲法 - 憲法 - 基本的人権の保障 - 信教の自由及び政教分離 - 政教分離

問題文すべてを印刷する印刷する

 A市は、市営汚水処理場建設について地元住民の理解を得るために、建設予定地区にあって、四季の祭りを通じて鎮守様として親しまれ、地元住民多数が氏子となっている神社(宗教法人)境内の社殿に通じる未舗装の参道を、2倍に拡幅して舗装し、工事費用として100万円を支出した。なお、この神社の社殿に隣接する社務所は、平素から地区住民の集会場としても使用されていた。A市の右の措置について、憲法上の問題点を挙げて論ぜよ。